「使ってよかった!」と効果を実感できる美白美容液を選ぶための入門サイトです。シミ美白&くすみ美白のポイントを超ビギナーにもわかりやすく解説!ランキングでお好みの美白美容液を探し出せるコンテンツを充実させてあります。
美白美容液超入門!コレだけは押さえておきたい美白のコツ

美白美容液超入門!コレだけは押さえておきたい美白のコツ

気になるシミやくすみは、美白美容液が1つあればなんとかなります!


これから本格的に美白ケアをはじめる初心者の方は特に、「美白美容液ってたくさんあるけど、どれが一番効果があるの?どれが一番人気なの?」と悩んでいると思いますが、安心してください。


このサイトを見れば、自分に合った美白美容液を選び方がわかるようになりますし、選りすぐりの美白美容液もご紹介するので、理想の美白美容液に出会える確率がグンとUPするはずです。大切なのは、自分のシミやくすみのタイプと相性のいい美白成分を配合しているものを選び、実際に試してみること。


「美白効果を感じない!意味ないじゃん!」といったことにならないように、美白効果を100%引き出す美白美容液の正しい使い方もあわせてお伝えしますので、お楽しみに♪

美白美容液をランキングから選ぶ!
美白美容液をランキングから選ぶ!
超ビギナー向け美白講座
超ビギナー向け美白講座

知らないとマズい!効果のある美白美容液の選び方

Q.今まで美白効果を感じたことがありますか?⇒「ない 69.9%」

美白効果を実感できない人が約7割

※データ:富士フィルム調べ

これ、富士フィルムが調べた美白化粧品に対するアンケートの結果なんですが、ちょっと驚きじゃないですか? 美白ケアに勤しんでいる方の約7割が「美白化粧品を使っても効果を感じない」と思っているわけです。


ここまで美白化粧品の満足度が低い理由は、「商品が悪い」ということももちろんあると思いますが、私たちユーザー側にも原因があることも多く、美白化粧品の選び方をそもそも間違えていたり、使い方が悪い&間違っているというケースも考えられるんですね。


例えば、美白化粧品の選び方について以下のように思っていませんか?


美白化粧品の選び方についてよくある間違い

(1)有名ブランドのものや値段が高いものほど美白効果も高いと思っている
(2)新発売の商品、新しい美白成分のほうが優秀だと思っている
(3)配合されている美白成分がシミ・くすみにどんな働きをするのか正直わからない
(4)医薬部外品のほうが効果も高いし、安全だと思っている
(5)美白美容液ではなく、美白化粧水のほうを重要視している ※1

※1:「美白アイテムは化粧水だけ」という人は67%にのぼる。/薬事法ドットコム調べ


イメージ先行で商品を選んでいたり、間違ったスキンケアの知識が原因で、自分のシミの種類・美白ケアする目的に合った美白アイテムを選べていない人が本当に多いんですね。



「これまで美白効果を実感できなかった」というのも当然といえば当然なんです。


美白ケアではメラニンに作用する美白成分を高濃度で含む美白美容液が最重要アイテムになります。そのうえで「シミを薄く小さくしたいのか?それともシミを予防するのか?」など、自分のシミ・美白の悩みを解決してくれる機能を持った美白美容液を選ぶということが大切です。

美白美容液はココに注目!

美白成分の4つの働きを理解する!
自分の美白の悩みにあった美白成分配合の美容液を選ぶ!
使う順番やタイミング(朝・夜)、使用量など正しく使う!

美白成分の4つの働きを知っておこう!

美白成分の働きを大まかに分類すると4つあります。


①メラノサイトへの信号をブロック
②メラノサイトの活性を抑制
③メラニンの受け渡しを阻止
④ターンオーバーを促す


さらに、この4つの働きをさらに細かく作用メカニズムごとに分類すると、7つあります。(※詳細は、「美白成分の種類と効果」に解説があるので、美白意識の高い方はチェックしてみてください。)


美白成分については詳しくない方がほとんどだと思います。ただ、美白美容液に配合されている美白成分が4つの働きのうちどの機能を持つのかぐらいは最低限知っておかないと、自分のシミやくすみの悩みを解消してくれる美白美容液がそもそも選べません。


以下、美白成分の働きをまとめたものになります。

①メラノサイトへの信号をブロック

⇒カモミラET、トラネキサム酸(t-AMCHA)

②メラノサイトの活性を抑制

ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、ルシノール、エラグ酸、、ビタミンC、プラセンタエキス、油溶性甘草エキス、マグノリグナン、リノール酸、ロドデノール、L-システイン、TXC

③メラニンの受け渡しを阻止

⇒D-メラノTM(ニコチン酸アミド)

④ターンオーバーを促す

⇒4MSK、プラセンタエキス、エナジーシグナルAMP

できてしまったシミにも効果がある美白成分は、メラニンを還元する作用がある「ハイドロキノン」と「ビタミンC」の2つ。その他の美白成分は、メラニン生成を抑制するものなので「シミ予防」が目的という分け方もできます。


美白成分を知ることが美白美容液選びの第一歩です。

美白美容液ランキング<Best3>【当サイト人気順】


月の当サイト経由で人気のもの
アンプルール
価格:1,890円 送料無料
「できてしまったシミを何とかしたい!」そんな方に圧倒的に支持されてアンプルールが1位!トライアルセットがあるのも人気の理由です。
アンプルール
資生堂HAKU
価格:10,800円 送料無料
資生堂のブランド力も手伝って人気です。肝斑に対して美白効果がある点や保湿力の高さが魅力です。
資生堂HAKU
ビーグレンCセラム
価格:1,944円 送料無料
通販限定の知る人ぞ知るビタミンC美容液。毛穴・ニキビ・アンチエイジングとマルチ効果が高評価の理由です。
ビーグレンCセラム
アンプルールが第1位に選ばれる理由!

アンプルールが第1位に選ばれる理由! 新安定型ハイドロキノン配合でシミ撃退!
現役皮膚科開発のドクターズコスメだから安心!
特典豪華な1,890円お試しセットあり!


やっぱり、こめかみや頬にできてしまったシミを何とかしたい!という人が多いせいか、シミ(メラニン)を還元する作用を持つハイドロキノン配合の美白美容液が当サイトの人気NO.1です。


「皮膚科でしか処方できないハイドロキノンを化粧品に配合できればもっと多くのシミに悩む女性を救えるのに!」という思いから生まれたのがアンプルールのラグジュアリーホワイトシリーズ。


美的やマキア、Voceなどでもたびたび紹介されている美白美容液なのでご存じの方も多いはず。


開発者である美容皮膚科医の高瀬聡子さん(現:ウォブクリニック中目黒院長)自身が太田母斑に悩んだ経験があり、自分自身が顔の色素沈着に苦しんだ経験、そして医師として患者さんと日々接するなかで感じた「こんな美白美容液があればいいのに!」を実現させた確かな美白効果と安全性を感じられる美白美容液です。

悩み・目的に合わせて選ぶ美白美容液ランキング<Best3>

こめかみ・頬のシミを撃退!美白美容液ランキング<Best3>

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
お試し:1,890円 送料無料
安定性と低刺激を追及した「新安定型ハイドロキノン」を配合したドクターズコスメ。夜用集中美白美容液です。トライアルセットがあるのはうれしいところ。
アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
オバジHQ ブライトニングナイトセラム
価格:9,720円 送料無料
オバジ独自の超安定・高密着技術を搭載した夜用集中美容液。ナイトコンセントレイション処方で保湿力も十分。
オバジHQ ブライトニングナイトセラム
エピステーム HQレーザークリア
価格:14,040円 送料無料
ベタつきを改善し、密着度を高めた「高密着バーム処方」が特徴。製薬会社の技術力を生かした安定性と使用感が魅力。
エピステーム HQブライトコンセントレイトa

透明感・トーンアップ向け美白美容液ランキング<Best3>

資生堂HAKU メラノフォーカス3D
価格:10,800円 送料無料
資生堂のシミ予防研究の最高峰の技術と知見が凝縮された美白美容液。2016年、新作がリリースされています。
資生堂HAKU メラノフォーカス3D
POLA ホワイトショットSX
価格:12,960円 送料無料
ポーラの美白研究のすべて凝縮された美的・Voceなどベストコスメの常連。2015年に新作リリース。
POLA ホワイトショットSX
アスタリフト
価格:7,560円 送料無料
シミの骨(gp100)を分解する酵素の働きを高めて攻めの美白を加速。総合的な年齢肌ケアができる点もうれしい。
アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト

肌に優しい・プチプラetc...おすすめの美白美容液は?

2016年、注目の美白美容液の新作をpick up!

資生堂 HAKUの最新作がリリース!


先進の美白研究を取りいれて、常に進化し続ける大人気の美白美容液「資生堂Haku」から6代目となる新・美容液「メラノフォーカス3D」がリリース!4MSK×トラネキサム酸といった美白有効成分を肌の奥まで届かせて、全方向からメラニンの生成ルートを狙い撃ちする「3Dターゲティング処方」が新たに追加された点に注目です。
詳しい情報はコチラ

富士フィルムが発見、“シミの骨”


先進のナノ技術でシミの発生原因にアプローチするアスタリフトのナノ美白が2016年、着目したのがシミの骨。リニューアルされた最新の美白美容液は、メラニンが蓄積するメラノソームにある構造タンパクの分解を促進!居座る頑固なシミを撃退する新しい可能性を切り開いた点が特徴です。
詳しい情報はコチラ

美白美容液の効果を引き出す正しい使い方

それから「選び方」と同じくらい、美白美容液を正しく使うという「使い方」も美白効果を左右する非常に重要なポイントになります。


美白美容液の使い方についてよくある間違い

(1)ピリピリと刺激があるのは効いている証拠だと思っている
(2)シミ部分のみに使うスポッツケア用美白美容液を顔全体に使っている
(3)毎日使っていない、1回あたりの使う量が少なすぎる
(4) 肌にすりこむようにして使い、炎症が起きている
(5)紫外線対策(UVケア)が不充分(BBクリームの薄塗りだけでは×)


「(美白&UVケアを)やっているつもりだけど全然できていない」というケースもありますし、逆に「やりすぎてしまって肌に炎症や色素沈着が起きている」ケースもあります。使用方法や使用上の注意をまったく守らず、自己流の根本的に間違った使い方をしている人も少なくないんですね。


当たり前ですが、正しい使い方をしてはじめて、その美白美容液の効果を引き出せるわけですから、使い方が間違っていれば、やはり美白効果は実感できません。


「美白美容液を使ったのに効果を実感できなかった!」そんな悲しい7割の美白ユーザーのなかに入らないようにするためにも、「選び方と使い方」については、十分注意するようにしましょうね。

さらに詳しく!シミの種類と美白美容液の選び方

「美白美容液超入門~ランキングで選ぶ、シミ(しみ)美白の手引き」について
白く美しい透明感ある肌というのは日本人女性にとっては永遠の憧れ。それゆえシミという誰の目にも明らかな老化のサインに対する抵抗感と憎しみは強いです。シミ・くすみは紫外線ダメージの長年の積み重ねにとって引き起こされる肌の色素沈着ですから、それに対抗する美白スキンケアも毎日の積み重ねが大事。諦めずに毎日続けられた人がシミのない透明感ある肌を手に入れることができます。そんな美白ケアのなかでも最も美白有効成分の濃度が高く「肌を白くする」という美白効果に優れた美白アイテムが美白美容液。自分の肌と相性のいい美白美容液をみつけることができれば、美白は成功したようなものです。ただ、逆にいうと自分の肌に合った美白美容液を見つけるのが一番難しいということ。シミの状態、美白成分との相性、肌質(乾燥肌、敏感肌など)の相性が一人一人違うからです。そんな美白美容液選びをサポートするのが当サイトの役割。美白の目的や美白成分、シミの種類にあった人気美白美容液をランキングや比較で紹介したいと思います。

Let's!美白Lesson

美白美容液が1つあれば美白ケアはOK!
美白美容液だけでOK!
美白は美白美容液を1点加えるだけでOK!保湿と美白を両立させるポイント使いを伝授。
美白ケアを失敗しないための9つのチェック項目
美白ケア9つの注意点
美白効果を実感するための美白ケアの9つのチェックポイントを解説!必読です。
美白が効くシミ、効かないシミ
あなたのシミを診断!
シミにも種類があり、コスメによる美白ケアが効果的なものと効果のないものがあります。
美白美容液に配合されている有効成分を解説!
美白成分の働き
美白美容液に配合されている美白有効成分を調査。美白成分と肌との相性は大事です。

Seach!美白美容液

日焼けシミ
最もポピュラーなシミ。加齢とともにこめかみや頬などにでてくるシミはこれです。
肝斑
妊娠中・産後・更年期などホルモンバランスが影響する女性特有のシミです。
炎症性色素沈着
ニキビや肌荒れ、傷跡など炎症した肌にできる色素沈着。長く居座ることも多いです。
ニキビ跡を治す方法【赤み・色素沈着】
ニキビ跡を治す方法
なかなか消えない「赤い」「色素沈着」といったニキビ跡も美白美容液を使えばきれいに。