美白美容液超入門 >  > 鼻の毛穴の黒ずみに効かせる美容液の選び方・使い方

鼻の毛穴の黒ずみに効かせる美容液の選び方・使い方

鼻の毛穴の黒ずみに使う美容液 鼻は皮脂の分泌量が多い部分です。そのため、皮脂や老廃物が詰まりやすく、毛穴の黒ずみに悩まされることも多いです。


クレンジングや洗顔で何とか毛穴の奥の汚れを掻きだそうと毎日ケアしている人もいると思うんですが、鼻の毛穴が黒ずんでみえるのは、「毛穴の奥に落としきれない汚れが付着しているから」ではないケースもあることをご存じでしょうか?


「洗っても、洗っても鼻の毛穴がきれいにならない」「毛穴パックをしても黒ずんだまま」という場合は、黒ずみの原因が「角栓詰まり(毛穴汚れ)」ではない可能性が高いです。


鼻の毛穴が黒ずんで見える原因は?

毛穴に詰まった古い角質や汚れは角栓となり、表面が空気に触れて酸化すると黒ずんできます。毛穴が黒ずんでしまう一番の原因がこれですが、毛穴に詰まった角栓(角栓詰まり)は通常の洗顔だけではなかなか落としきれないのが実情です。


顔を洗っても毛穴の角栓は変わらずそのままという経験ありますよね?


鼻の毛穴の角栓は通常のクレンジングや洗顔では落としにくいため、毛穴専用のケアが必要です。具体的には、


タンパク質を溶解させる角栓ケア

酵素洗顔やスクラブ洗顔、それにBHAなどタンパク質を溶解させる作用のある成分を配合したピーリング化粧品や洗顔料を使って鼻の毛穴に詰まった角栓を溶かして除去します。

オイルで浮かせて角栓を除去する

オリーブオイルはタンパク質を柔らかくする作用がありますから硬くなった角栓になじませると柔らかくなって浮かびあがってきます。オロナインを使っても同じことができますが殺菌作用が強いのでオリーブオイルのほうが安全です。

※酵素洗顔やピーリングは肌表面の角質層を剥がすため刺激が強く、頻繁にやると乾燥肌や敏感肌を悪化させる可能性があります。毛穴の状態をチェックしながら週1回程度を目安におこなうというのが安全なやり方になります。


毛穴の中に不要物が詰まり、それが酸化して毛穴が黒ずんでいる場合は、鼻の頭や小鼻の脇を触るとたいていザラザラしています。そして紹介した角栓ケアを行えば毛穴に詰まっていた角栓はなくなるため、ザラザラもなくなります。


しかし、鼻を触ってもザラザラしていない、角栓を取っても黒ずみが解消されないという場合、鼻の毛穴内部にメラニン色素が沈着して黒ずんで見える「メラニン毛穴」の可能性大です。


「毛穴の黒ずみ=毛穴の汚れ、角栓」という思い込みがあると、洗顔やスキンケアで除去しようと頑張ってしまうあまり、「洗いすぎ・擦りすぎ・いじりすぎ」てしまうことがよくあります。


そうした間違った鼻の毛穴ケアによって毛穴に炎症が起こり、凸凹が目立つようになってしまったり、メラノサイトが刺激されてメラニン生成を促してしまうため、余計に黒ずみが濃くなると原因になってしまうこともあります。


メラニン毛穴に対しては、美白ケアが有効!

メラニン毛穴について肌には紫外線を浴びるとメラニンを生成して肌を守ろうとする仕組みが備わっていますが、顔の中でも鼻は突出しているので頬と同様に紫外線を浴びやすい部位です。


そのため知らず知らずのうちに鼻が日焼けして、毛穴の中でメラニンによる色素沈着を起こしてしまっているケースがあるんですね。


鼻を触ってみてザラザラしてないのに毛穴が黒い場合は、この「メラニン毛穴」が疑われます。


鼻の毛穴の中がメラニンによる色素沈着を起こしている状態(毛穴にシミができていると考えればわかりやすいと思います。)なので、皮脂や老廃物が詰まって黒ずんでいる毛穴とは別物です。洗顔やクレンジングを頑張っても黒ずみが解消されないというのは容易に想像できると思います。


この毛穴ジミともいえる「メラニン毛穴」には美白美容液などを用いた「美白ケア」が有効です。


すでにメラニンが沈着してしまっている状態なので、セルフケアでは今あるシミを薄くする作用のあるハイドロキノンやビタミンCを配合した美白美容液でスポッツケアをして対処します。


また、せっかくメラニン毛穴のケアをはじめても鼻に紫外線を浴びてしまえば意味がなくなってしまいますから、鼻にもしっかりUVケアをすることを忘れないようにしましょう。


ビタミンC美容液が毛穴悩みにおすすめな理由

毛穴の黒ずみの正体がメラニンだった場合、メラニン還元作用の強いハイドロキノン配合の美白美容液でケアするのが一番効果的です。


しかし、「鼻の毛穴が目立つから引き締めたい」とか「皮脂分泌がさかんでベトベトする」といった他の毛穴悩みもある場合は、ビタミンC美容液も検討してみてください。


ビタミンCには、さまざまな作用がありますが、鼻の毛穴の悩み全般と非常に相性のいい成分なんですね。


ビタミンCは鼻の毛穴ケアと相性抜群!

メラニンの生成を抑制する作用
活性酸素を除去する抗酸化作用
皮脂の分泌をコントロールする作用
肌を引き締めて毛穴を目立ちにくくする収れん作用


そんなビタミンCを高濃度配合し、浸透力を高めたものがビタミンC美容液なので、鼻の毛穴が気になる人は、持っておいて損はしないアイテムなんじゃないかと思います。美白にもニキビケアにも応用できるので、1つ持っていると何かと重宝するはずですよ。

結論:毛穴の悩みは原因をしっかり把握することが大事!

鼻の毛穴は黒ずみやすいですが、原因をきちんと見極めて、原因に応じて、正しく対処すればキレイに改善することは可能です。クレンジングや洗顔を頑張っても解消できない「鼻の毛穴の黒ずみ」には、是非、美白美容液を試してみてください。


美白の目的にあわせて美白美容液を選ぶ!

≪できてしまったシミに!美白美容液<Best3>≫
沈着して居座ってしまったシミ(=メラニン)を還元する効果がある美白成分といえば最強の美白成分「ハイドロキノン」。ハイドロキノン配合の美白美容液を紹介します。
≪シミ予防・くすみ対策向け美白美容液は?≫
肌を白くしたい!シミのない透明感ある肌になりたい!という方にぴったりのホワイトニング&ブライトニング効果の高い肌色にアプローチする美白美容液の選び方を紹介します。
≪マルチ効果に期待大!ビタミンC美容液≫
活性酸素の除去、メラニン抑制、メラニン還元、毛穴、ニキビ跡など美肌に不可欠な作用を持つビタミンCをそのままの形で配合したピュアビタミン配合の高性能美容液を紹介します。

Let's!美白Lesson

美白美容液が1つあれば美白ケアはOK!
美白美容液だけでOK!
美白は美白美容液を1点加えるだけでOK!保湿と美白を両立させるポイント使いを伝授。
美白ケアを失敗しないための9つのチェック項目
美白ケア9つの注意点
美白効果を実感するための美白ケアの9つのチェックポイントを解説!必読です。
美白が効くシミ、効かないシミ
あなたのシミを診断!
シミにも種類があり、コスメによる美白ケアが効果的なものと効果のないものがあります。
美白美容液に配合されている有効成分を解説!
美白成分の働き
美白美容液に配合されている美白有効成分を調査。美白成分と肌との相性は大事です。

Seach!美白美容液

日焼けシミ
最もポピュラーなシミ。加齢とともにこめかみや頬などにでてくるシミはこれです。
肝斑
妊娠中・産後・更年期などホルモンバランスが影響する女性特有のシミです。
炎症性色素沈着
ニキビや肌荒れ、傷跡など炎症した肌にできる色素沈着。長く居座ることも多いです。
ニキビ跡を治す方法【赤み・色素沈着】
ニキビ跡を治す方法
なかなか消えない「赤い」「色素沈着」といったニキビ跡も美白美容液を使えばきれいに。
鏡を見ると鼻の黒い毛穴が目立って憂鬱になってしまう人は多いはず。毛穴が黒ずんでしまう原因は皮脂や老廃物の酸化によるものと、毛穴内部のメラニンの沈着が考えられます。そんな毛穴の黒ずみの悩みには美白美容液が有効です。