美白美容液超入門 >  > 美白化粧水でおすすめのものはないんですか?

美白化粧水でおすすめのものはないんですか?

美白化粧水でおすすめのものはないんですか?美白効果のある化粧水を探している人がいると思いますが、あまりおすすめできません。というか化粧水には美白にかぎらず、肌悩みに効く効果はないと思ったほうがいいです。


基本的に化粧水には洗顔でアルカリ性になった肌を弱酸性に戻して、後に使う美容液の浸透を助けるという役割があるぐらいで、整肌作用以外にこれといった効果がありません。


成分のほとんどが水ということもあり、肌悩みに効かせる有効成分がほとんど配合されていませんから、化粧水を使っても肌悩みが改善するといった可能性はほとんどないと思います。


もちろんビタミンC誘導体やアルブチンなど美白成分が配合してある化粧水もありますが、その濃度は美容液などに比べるとはるかに少ないです。ほとんど含有されていないといってもいいぐらいのものもあります。


そのため「シミを薄くしたい!」とか「透明感を出したい!」という明確な目的をもって美白するのであれば、美白化粧水にお金・時間・労力をかけるのはちょっともったいないと思います。


ハトムギ化粧水を美白化粧水として使うときの注意点

ハトムギ化粧水は美白効果あるの?というわけで、美白美容液の1点主義を掲げる当サイトとしては美白化粧水についてはあまり良い印象を持っていません。


美白化粧水として何かと話題になるハトムギ化粧水に対してもそうです。


ナチュリエのスキコン、アルビオンのスキコン、雪肌精あたりがハトムギ化粧水として有名だと思います。


その他にもハトムギエキスやヨクイニンエキスが微量でも配合されている化粧水であれば、それはもう数えきれないほどたくさんあります。


※ヨクイニンエキス・・・ハトムギの種子から種皮を取り除いたエキス

※ハトムギエキス・・・ハトムギの種子を皮ごと抽出したエキス


ハトムギエキスには糖類、アミノ酸類、コイクセノライドが含まれています。アミノ酸は保湿成分ですし、コイクセノライドはハトムギ特有の成分ですが、イボ取りに古来から利用されていたように、抗腫瘍の働きがあって、新陳代謝を促進する作用があります。


また、ハトムギ化粧水として売り出している多くの商品の成分表示をみてみると抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)、アラントインといった有効成分が配合されているものが多いです。


こうした成分の観点からみて、ハトムギ化粧水を使って得られる効果効能を考えると,


ハトムギ化粧水の効果は?

 抗炎症作用が赤みや色ムラの原因になる炎症を抑制してくれる。
 肌の新陳代謝が促進されて透明感がアップする。
 保湿成分の働きで肌が潤い、肌が明るくなる。


といったことが期待できるわけなんですね。


実際、ハトムギ化粧水を使うことで、ほてりや赤みが落ち着いたり、新陳代謝が促進されることで肌がスベスベになって、くすみ・にごり・ごわつきがなくなって、肌が白く、明るくなったという声は多いですよね。


美白有効成分は含まれていないので、メラニンに直接アプローチするということはないのですが、「保湿」「新陳代謝の促進」「抗炎症」といった効果があるので肌のキメ整って透明感がでてくるといった体感を得られても不思議ではないわけです。


※特に新陳代謝を促進してくれる作用については、「排出美白」の観点から考えて、非常に貴重な効果効能だと思います。


そして何よりハトムギ化粧水は、価格が安く大容量というコスパの良さが最大の魅力です。


ここまでメリットを並べると、ハトムギ化粧水って凄くよさそうに思えるんですが、こうしたメリットをすべて覆すデメリットとして「エタノール(アルコール)の配合量が多い」というものがあります。


エタノール(アルコール)も配合量が1%以下ならあまり気にする必要はないんですが、ハトムギ化粧水には(商品にもよりますが)かなりの量が配合されています。


そのため肌に刺激がありますし、高い摘発性が肌の水分を奪って乾燥が促進されてしまうので、大人の乾燥・敏感肌の傾向がある肌にはちょっと負担になってしまうんですね。


肌が丈夫な人や皮脂が多い脂性の人は、清涼感があって気持ちよく使える化粧水だと思いますが、肌が弱い人や敏感な人はちょっと使用は注意したほうがいいと思います。


ハトムギエキス自体は排出美白を促すサポート成分として効果的なので、エタノールの配合量の少ないハトムギ化粧水があれば、それは大人の美白にも使えると思います。


美白成分の濃度と効き目の関係性は?

美白成分の濃度化粧品に含まれる有効成分は、基本的にはその濃度が高ければ高いほど作用も強くなります。ただ、作用が強くなればその反動として刺激が強くなってしまうため、接触性皮膚炎や肌荒れの原因になってしまいます。


効果はあっても刺激が強ければダメですし、刺激がなくても効果がなければ意味がありません。効果があって刺激は少ない。という、絶妙なさじ加減が求められるわけです。


例えば、美白成分のハイドロキノンの場合、厚労省が推奨する濃度というのは2%です。これは効果というより安全に使える濃度という意味合いが強く、一般的なハイドロキノン化粧品だと2%ではちょっと効果は期待できないといわれることが多いです。


※ハイドロキノンは化粧品に配合できるギリギリの濃度が4%。5%以上からは副作用のリスクが高まる研究結果があることもあり、医師の処方箋が必要ですし、医師の指導・監視の元で使わなければいけません。


面白いのはビタミンCです。


医薬部外品の場合、ビタミンCの濃度は3~5%が限度です。しかし、化粧品になると限度に制限がないので、オバジCのように20%のものもあるわけです。ビタミンCの濃度が高いほど効果も高い傾向にあるので、ビタミンCの場合は医薬部外品を使うよりも化粧品を使ったほうが効果を実感しやすいかもしれません。


いずれにせよ、美白効果のある有効成分(=美白成分)を高濃度含有しているアイテムを使ってお肌の手入れをしないことには、美白効果は実感できないということです。美白成分が含まれてないor濃度が低い美白アイテムを使うのはムダだってことですね。


日本人女性が化粧水好きだということで、美白化粧水を前面に押し出してPRしているブランドもあったりしますが、ほとんど水が成分の美白化粧水をつけても、シミやくすみといった肌悩みには気休めにしかなっていないことは知っておいてほしいなと思います。


低濃度は意味なし!有効成分の濃度は美容液が一番!

美白美容液の場合は、シミ・くすみといった肌悩みに応える有効成分が高濃度で凝縮されているだけでなく、どの化粧品ブランドにとっても美白は一番の売れ線ということもあり、その化粧品ブランドの最新の美白研究の成果と最先端の技術が用いられているため質が高いです。


肌との相性がいい美白美容液を見つければ、ライン使いしなくとも単品使いをするだけでしっかり効果を実感できるはずです。とにかく美白効果を重視して美白アイテムを選ぶということであれば、自分の美白の目的にあった美白美容液を1つ選んでみてください。

これでOK!美白美容液の選び方

Let's!美白Lesson

美白美容液が1つあれば美白ケアはOK!
美白美容液だけでOK!
美白は美白美容液を1点加えるだけでOK!保湿と美白を両立させるポイント使いを伝授。
美白ケアを失敗しないための9つのチェック項目
美白ケア9つの注意点
美白効果を実感するための美白ケアの9つのチェックポイントを解説!必読です。
美白が効くシミ、効かないシミ
あなたのシミを診断!
シミにも種類があり、コスメによる美白ケアが効果的なものと効果のないものがあります。
美白美容液に配合されている有効成分を解説!
美白成分の働き
美白美容液に配合されている美白有効成分を調査。美白成分と肌との相性は大事です。

Seach!美白美容液

日焼けシミ
最もポピュラーなシミ。加齢とともにこめかみや頬などにでてくるシミはこれです。
肝斑
妊娠中・産後・更年期などホルモンバランスが影響する女性特有のシミです。
炎症性色素沈着
ニキビや肌荒れ、傷跡など炎症した肌にできる色素沈着。長く居座ることも多いです。
ニキビ跡を治す方法【赤み・色素沈着】
ニキビ跡を治す方法
なかなか消えない「赤い」「色素沈着」といったニキビ跡も美白美容液を使えばきれいに。
巷には美白効果があるという化粧水が溢れていますが、実際に効果を実感できるものは皆無なはず。なぜ、美白化粧水は効果を実感できないか、美白のために化粧水を探している方は必読です。