美白美容液超入門 >  > ニキビ跡を治す方法~赤み・色素沈着に効く美白美容液は?

ニキビ跡を治す方法~赤み・色素沈着に効く美白美容液は?

ニキビが炎症を起こして、それが痕になって残ってしまったのがニキビ跡。


特に大人になってからのニキビは繰り返してしまう傾向があるので、同じ毛穴が繰り返し炎症を起こしダメージが蓄積されることで、赤みやメラニンが色素沈着した黒ずみが残りやすい特徴があります。


こうしたニキビ跡がなかなか消えずに残っているため、気になっている人も多いと思います。


ニキビ跡を自力で、そして早く治すためには、まず自分のニキビ跡のタイプを知り、ニキビ跡のタイプにあわせたケアを行う必要があります。手初めにまず覚えておきたいのは、ニキビ跡には「赤み」「黒ずみ(色素沈着)」「凸凹・クレーター」の3タイプあるということです。


あなたのニキビ跡はどのタイプ!?

炎症の赤み(毛細血管の拡張・うっ血)が肌に残ったもの
炎症でメラノサイトが活性化し、メラニンが沈着したもの(※1)
炎症ダメージで毛細血管が裂けて血がにじみでたもの(※2)
激しい炎症が真皮層にまで及び、陥没・凸凹が残ったもの


※1 黒色や茶色のシミ(炎症性色素沈着)が特徴

※2 紫色っぽい色素沈着が特徴


ニキビが炎症をおこして赤くなったり、腫れてしまうこと自体は珍しいことではありません。


しかし、炎症を起こして赤く腫れている赤ニキビや化膿している黄ニキビを潰してしまう、あるいは何も治療せずに炎症を放置して、毛穴へのダメージを長引かせたり、繰り返してしまうと、ニキビ跡が残りやすくなってしまうのが注意が必要です。


陥没・凸凹が残ったクレーター状のニキビ跡については残念ながら自力のスキンケアで治すというのはほぼ無理です。肌のコラーゲンを増やす作用のあるビタミンC美容液を使って、肌を内側からふっくらさせて、ニキビ跡の凹凸をケアするという方法がありますが、あくまで理論上の話であって、実際の効果ははっきりいって期待しないほうがいいです。


しかし、「赤み」「色素沈着(黒ずみ)」というニキビ跡については、消炎作用やメラニン還元作用のある美白美容液を使ってきれいにすることができるので、「簡単!」とはいいませんが、自宅で自力で治すことができます。


混んでいる皮膚科に行きたくないし、コスメを使ってニキビ跡の赤みや色素沈着を何とかしたいと思い悩んでいる方はこれから紹介する美白美容液を試してみてください。


ニキビ跡の「赤み」によく効くのは「ビタミンC」

ニキビ跡の「赤み」によく効くのは「ビタミンC」 ニキビ跡の「赤み」の正体は、ニキビが炎症を起こすとその部分に毛細血管の拡張やうっ血が起きて赤みを帯びてくるわけですが、それがさらに炎症によって破壊されて滲んでしまっている状態のことです。


ニキビ跡としては軽度なものなので、肌のターンオーバーとともに徐々に薄くなっていき、気がついたらきれいに消えているということもありますが、同じ毛穴の箇所に繰り返しニキビができて炎症を起こしていると、「赤み」が定着してしまって何年も消えずに残ってしまうこともあります。


こうしたニキビ跡の赤みにはビタミンCが非常に効果的です。


その理由ですが、ビタミンCには色素沈着を薄くするメラニンの還元作用がありますし、抗酸化作用や抗炎症作用もあることから、ニキビ跡の赤みに効果があるだけでなく、炎症そのものの発生を防いでくれるのでニキビ予防にもなるからです。


ピンポイントに効かせることを考えると、スポット的にも使えるうえ、ビタミンCが高濃度配合されているビタミンC美容液がニキビ跡の赤みのケアには向いています。


ビタミンCは水溶性ということで化粧水と相性がよく、ビタミンC誘導体入りの化粧水は数多く存在します。しかし、化粧水に配合されているビタミンCの濃度は多くても3%ですから、この濃度で大きな期待をするのは無理があります。


ビタミンCの手応えを感じるためには、、ビタミンC誘導体化粧水だけではイマイチだと思うので、高濃度ビタミンCを配合したビタミンC美容液も一緒に使うことが不可欠ではないかと思います。


ビタミンCがそのままの形で配合されているビタミンC美容液は、ビタミンC誘導体が配合されている美容液と比べて即効性があるのが特徴なので、ニキビ跡の赤みを早く治したい人には、L-アスコルビン酸(=ピュアビタミンC)が配合されているビタミンC美容液を選ぶようにしてみてください。

ビーグレン(b.glen) CセラムはピュアビタミンC配合!

ビーグレン(b.glen) Cセラムはグングン浸透する!ピュアビタミンCを配合しているビタミンC美容液が珍しくなくなった今、美容液の効果を左右するのはズバリ、「浸透テクノロジー」。


肌に浸透しにくいビタミンCを肌の奥の必要な場所に届けられるか否か?が肝心になるわけですが、そうなると、デリバリー技術に定評があるビーグレン(b.glen) Cセラムが一番。


有効成分をカプセル化して浸透させる「Qusome」という浸透技術で特許を取得しているのがビーグレン(b.glen)の他にはない特徴だからです。 返金保証付きのトライアルセットがあって手軽に試せるというのも@コスメで5.2点という高評価にもつながっているんだと思います。


ニキビ跡の「色素沈着」によく効くのは「ハイドロキノン」

ニキビ跡の「色素沈着」によく効くのは「ハイドロキノン」ニキビ跡としてできてしまった黒ずみや茶色のシミには美白成分を配合した美白美容液が非常に効果的であり、なかでもハイドロキノンを配合したものが一押しになります。


ニキビ跡の「色素沈着」は正しくは炎症性色素沈着といい、ニキビが炎症を起こした刺激でメラノサイトが活性化してメラニンが過剰に生成されてしまい、その一部がそのまま肌表面に残ってしまった状態のことをいいます。


ニキビ跡の「赤み」と同様、時間が経つにつれて徐々に目立たなくなっていくはずですが、肌のターンオーバーが乱れてしまっていると、かなり長い期間がかかりますし、ニキビの炎症がひどい状況であれば、基底膜が壊れて真皮層にメラニンが落ちてしまっている可能性があるので、ずっと消えずにそのまま残ってしまうこともあるやっかいなものです。



メラニンの沈着が原因である以上は、ニキビ跡の色素沈着は美白成分が非常によく効いてくれます。ビタミンCもメラニンの還元作用があるので、炎症性色素沈着に効果がありますが、一日でも早く治したいのならメラニンの還元力がズバ抜けているハイドロキノンを配合した美白美容液を使ったほうがいいでしょうね。


ただ、気をつけてほしいのは、ニキビ跡の色素沈着は美白美容液を使うことで、早く治りやすいとはいっても、長い間放置したり、紫外線の影響を受けることで大きく濃くなるなど悪化していくものだということです。


本格的的なシミになってしまったら、コスメを使った美白ケアでは対処するのが難しくなってしまうので、思い立ったが吉日、できるだけ素早くニキビ跡の黒ずみ・茶色のシミには対処するようにしましょう。

ハイドロキノン2.5%!ニキビ跡の色素沈着を狙い撃ち!
アンプルールで気になる一点を狙い撃ち! 粘りのある特殊ゲルなので絆創膏やテープで張り付ける必要はありません。気になるニキビ跡の色素沈着部分にになじませれば、そのままピタッとフィットします。


気になるハイドロキノンの刺激ですが、アンプルールのハイドロキノンは、マイクロカプセル処方の新安定型ハイドロキノンということで、効果はそのままに刺激は極力軽減してあるので、妊娠中であるとか、よほど肌の弱い方でもないかぎりは問題なく使えるはずです。


アンプルールはドクターズコスメなのでそのあたりは安心して使えると思いますよ♪


早く治すコツ①:ニキビ・ニキビ跡を改善、予防する代謝ケアを取りいれる

美容液を使ったケアと一緒にホームケアに取りいれたいのが肌のターンオーバーを整えるケア(代謝ケア)です。


肌のターンオーバーが正常であれば、ニキビ跡の赤みやメラニンによる色素沈着は、時間ととともに古い角質と一緒に排出されていきますし、そもそもニキビの原因となる毛穴詰まりが防げるので、ニキビを繰り返すこともなく、根本的なニキビ・ニキビ跡ケアが可能です。


ニキビ・ニキビ跡に悩む方というのは、ストレス・肌の乾燥・血行不良・ホルモンバランスなどの原因が引き金になって、肌のターンオーバーがうまくいっていないことが共通点としてあるので、ここから改善することも意識したほうがいいです。


肌のターンオーバーを高める方法は、「肌の新陳代謝(ターンオーバー)を高めてメラニン排出!」に詳細をまとめてあるので、ここではその抜粋を紹介しておきます。


睡眠と運動で成長ホルモンの分泌を促す

肌の新陳代謝にとって成長ホルモンは不可欠です。そのため睡眠時間が不足していたり、熟睡できていないなど眠りの質の低下はターンオーバーに影響します。また、運動(筋トレ)後も成長ホルモンは分泌されるので、運動の習慣も意識したいところです。

肌の新陳代謝を高めるスキンケアをおこなう

肌のターンオーバーを整えるスキンケアとしてはピーリングが代表的です。ただ、刺激が気になるという人もいないので、そういう方は保湿をしっかり行いましょう。保湿ケアは肌自らがターンオーバーを促進するよう促すことができます。また、紫外線がターンオーバーを乱す原因にもんるのでUVケアもサボらず行うことが大切です。

血行を意識して肌冷えを防ぐ

肌は毛細血管を通じて細胞分裂に必要な酸素や栄養素を受け取っています。ストレスや冷えなどで血行が悪くなると機能低下を起こしてしまうのはいうまでもありません。血行やリンパの流れを良くすることを意識して入浴やマッサージ、運動することで細胞の機能低下を防ぎましょう。

タンパク質、鉄、ビタミンB群を積極的に摂取する

ビタミンB1やB2、B6などのビタミンB群は皮膚や粘膜の新陳代謝に欠かせない成分であり、不足すると肌荒れの原因になることは有名です。その他、タンパク質や鉄分も細胞の分化・増殖に必要な栄養素になります。豚肉(豚レバー)を食べるようにして必要ならビタミン&ミネラルのサプリ等も利用したほうがいいかもしれません。


早く治すコツ②:ニキビ跡に効果がある市販の内服薬を併用してみる

ドラッグストアなどで手に入る市販薬を使ってニキビ跡ケアを行いたいという場合は、ペアA錠、ハイシーBメイト2、ハイチオールBクリアといった内服薬(飲み薬)を利用するのがおすすめです。


ペアA錠、ハイシーBメイト2、ハイチオールBクリアはいずれも、肌の新陳代謝に不可欠で脂質・タンパク質の代謝を助けるビタミンB2・B6、ビタミンCやL-システインといった美白成分が配合されているのが特徴。


肌のターンオーバーの低下と皮脂の代謝異常を改善し、肌の内側から酸化を防ぎ、メラニンの生成を体の内側から防いでくれる効果があります。


ニキビの内服薬は他にも色々ありますが、配合成分はほとんど同じです。そのため、どれを飲んでも効果に大きな差はないように思います。そのためお近くのドラッグストアに行って、内容量と価格を比較して、コスパが一番いいものを選ぶというのがいいでしょうね。


ニキビ跡の赤みや色素沈着が顔全体に広く分布している場合は、美白美容液でのケアと並行して体の内側からのケア(食事やサプリ、内服薬の使用)も行ったほうが効率良くケアできるはずです。


早くニキビ跡を何とかしたいという場合も同様で、自分のニキビ跡のタイプに合った美容液を使ってスキンケアをしつつ、体の内側から代謝を促進するようにしてあげると、気になる赤みや色素沈着といったニキビ跡の悩みは早期に解決できるはずです。


ニキビ跡の"赤み"に!


即効性と浸透力に優れたピュアビタミンCを7.5%の高濃度配合!繰り返してしまうニキビを防ぐ効果も高いです。トライアルセットあり。
詳しい情報はコチラ

ニキビ跡の"色素沈着"に!


強力な還元作用を持つハイドロキノン2.5%を含む夜用スポット美容液で居座る頑固な色素沈着を撃退!トライアルセットあり!
詳しい情報はコチラ

Let's!美白Lesson

美白美容液が1つあれば美白ケアはOK!
美白美容液だけでOK!
美白は美白美容液を1点加えるだけでOK!保湿と美白を両立させるポイント使いを伝授。
美白ケアを失敗しないための9つのチェック項目
美白ケア9つの注意点
美白効果を実感するための美白ケアの9つのチェックポイントを解説!必読です。
美白が効くシミ、効かないシミ
あなたのシミを診断!
シミにも種類があり、コスメによる美白ケアが効果的なものと効果のないものがあります。
美白美容液に配合されている有効成分を解説!
美白成分の働き
美白美容液に配合されている美白有効成分を調査。美白成分と肌との相性は大事です。

Seach!美白美容液

日焼けシミ
最もポピュラーなシミ。加齢とともにこめかみや頬などにでてくるシミはこれです。
肝斑
妊娠中・産後・更年期などホルモンバランスが影響する女性特有のシミです。
炎症性色素沈着
ニキビや肌荒れ、傷跡など炎症した肌にできる色素沈着。長く居座ることも多いです。
ニキビ跡を治す方法【赤み・色素沈着】
ニキビ跡を治す方法
なかなか消えない「赤い」「色素沈着」といったニキビ跡も美白美容液を使えばきれいに。
繰り返しできるニキビはニキビ跡が残ってしまいがち。肌に沈着した赤みや色素沈着など炎症が原因のニキビ跡を消すには美白美容液が非常に効果的です。毛細血管による「赤み」にはビタミンC、メラニンの「色素沈着」にはハイドロキノンが効果的です。