美白美容液超入門 >  シミ対策の基礎知識 >  微弱炎症を生む「光&微粒子」

ブルーライトや花粉が炎症⇒シミの原因になることが判明!

ブルーライトや花粉が炎症⇒シミの原因になることが判明!
微弱炎症を引き起こす新たな光と刺激が判明!
肌内部で炎症が起きてしまうと、例えそれが自覚がないほど弱い炎症であってもメラノサイトが活性化し、メラニンが放出され、シミや色素沈着の原因になります(持続的なものであれば余計に)。そうした自覚なき「微弱炎症」が私たちにとって身近なスマホや空気中の微粒子の肌への刺激から発生してしまうことが最新の研究でわかってきました。「抗炎症」という視点を取りいれた美白ケアの必要性がありそうです。
紫外線以外の光や大気汚染物質に要注意! 太陽光に含まれる近赤外線やスマホ・パソコンなどデジタル機器から発せられるブルーライト、空気中を漂う大気汚染物質なども肌に慢性的な微弱炎症を発生させていることが判明!炎症は糖化や酸化といった反応を進め、シミやくすみなど肌老化をより促進してしまいます。

スマホやパソコンのブルーライトがシミの原因に!

「日焼けしていないから肌ダメージはないだろう。」と思っている人いませんか?


日焼けしない程度の紫外線でも浴び続けると、肌の内部で弱い炎症が起こります。それが慢性的なものになると、肌ダメージは確実に蓄積されるため肌老化を促進させる原因に。


最近は夏だけでなく1年中365日、天気に関係なく紫外線対策をする必要があるということがだいぶ世間的にも認知されてきたように思いますが、最新のUVケアの知見によると、紫外線以外の光も微弱炎症を起こし、シミやくすみの原因になるということがわかってきました。


光源のLED化やパソコン・スマホの登場によって浴びる量が桁違いに増えた「ブルーライト」がその1つです。

ブルーライト

※ブルーライトとは、肉眼で見る光(=可視光線)の中で最も紫外線に近くエネルギーの強い光のこと。パソコンやスマホなどのLEDディスプレイやLED照明の光にはこのブルーライトが多く含まれています。


ブルーライトついては、これまで目の網膜や水晶体に負担をかけることから眼精疲労への影響や脳に作用して体内リズムを狂わせて不眠やうつ、肥満の原因になるといったことが指摘されていました。


そこにきて、さらにランコムの研究によれば「ブルーライトはUVBよりも肌の奥まで届き、鮮明な色素沈着を引き起こし、なおかつその色素沈着はUVBによって生じた色素沈着よりも消えにくい。」ということがわかったんだそう。


「スマホ焼け」なんて言い方もされているみたいなんですが、ブルーライトは、紫外線以上に深刻なメラニンの色素沈着と肌ダメージを与えてしまうということなんです。普段のパソコンやスマホの使用頻度を考えるとちょっとどころか相当マズい感じがしますよね?


ブルーライト対策は、シミ・くすみなど肌老化を防げるだけでなく、疲れ目や不眠対策にもなるので、これはやっておいたほうがいいです。メリットは計り知れませんので。


今日から始める!ブルーライト対策

 パソコンやスマホなどブルーライトの発生源から距離をとる。
 長時間使用しない。
 ブルーライトをカットするメガネを着用する。
 モニターにブルーライトを軽減するフィルターを付ける。

紫外線だけじゃない!近赤外線にも注意が必要!

ブルーライトと並び、最近肌への影響が心配されているのが近赤外線です。


近赤外線

※画像:マキアレイベル


赤外線はその波長の長さにより近赤外線・中赤外線・長赤外線の3つに分類されます。そして問題の近赤外線は、UVAよりも波長が長いこともあり、真皮・皮下組織・筋肉組織といった皮膚のかなり深いところまで到達してしまうというやっかいな性質があります。


これはようするに肌の土台の土台まで劣化・老化させてしまうということ。コラーゲンやエラスチンの分解酵素を増やし、肌の再生を促す糖たんぱく(バーシカン)の産生を減らし、ハリ・弾力を喪失させて、シワやたるみの原因になってしまいます。


※紫外線ダメージは即時性があるのに対して、近赤外線によるダメージは遅発性で数日経ってから遅れて現れてくるという特徴があります。


近赤外線は地表に届く太陽光のおよそ40%。紫外線が5~6%ですから約8倍の量が降り注いでいます。また、携帯電話、テレビやパソコンのモニター、リモコン、調理器具、暖房器具などからも発せられていて、私達の身近に溢れているということを覚えておいてください。


この近赤外線に対する対策ですが、基本的には紫外線対策と同じです。


長い間太陽光に肌を晒さないことが一番。最近は近赤外線をカットする機能のついた日焼け止めも増えているので、そうした紫外線+αを防ぐモノを使うというのが最良の選択肢だろうと思います。

大気汚染物質(花粉・PM2.5・黄砂)も微弱炎症⇒シミ・くすみの原因に!

目に見えないほこりや大気中の物質が刺激になってバリア機能を低下させ、微弱炎症を引き起こしているケースも多いです。最近、特に増えているのが花粉による肌への悪影響。


花粉の季節(2~3月末)になるとまぶたがかゆくなったり、赤く腫れるという人がいると思いますが、それは花粉皮膚炎です。花粉によるアレルギー性の肌荒れ(=炎症)ですね。


この花粉皮膚炎ですが、男性に比べて女性に圧倒的に多いという特徴があります。


その理由としては女性の場合、ただでさえ皮膚が薄く、バリア機能が弱いまぶたや目の周りの皮膚を普段のメイクやスキンケアの摩擦で余計に弱らせていることが多く、花粉という外部刺激が加わった時に、過敏に反応してしまうからだと考えられています。


こうした花粉の時期に、まぶたがかゆいからと掻いたり、擦れば当然、摩擦性の色素沈着ができてしまいます。炎症が続くようだと弾力線維がダメージを受けてハリ弾力が失われてまぶたのたるみにつながるかもしれませんので要注意ですね。


また、資生堂によるとスギ花粉が肌につくと乾燥が促されるだけでなく、細胞間脂質の形成を阻害することが判明。バリア機能を低下させることで外部刺激に過敏になり、肌内部の炎症を促進してしまうことがわかっています。


つまり、花粉そのものがシミ・色素沈着の原因になるってことですね。


花粉がシミや色素沈着になってしまう以上、より毒性が強いといわれるPM2.5や黄砂、そして空気中を漂う排気ガスなどの環境汚染物質が肌に微弱炎症を引き起こす刺激物質にならないわけがありません。


以下は、交通量の多い幹線道路沿いに住んでいる人はそうでない人に比べてシミができやすいというデータです。白人女性に比べて日本人女性のほうがその影響が大きいこともわかります。


排気ガスでシミが増える

※ 排気ガスなどの環境汚染物質に対する防御反応によってメラノサイトが刺激されてメラニン色素(シミ)の発生につながると考えられています。

抗炎症を考えた保護&保湿のWケアを意識することが大事!

紫外線と乾燥と摩擦。


これまで肌内部で炎症を引き起こしてしまうものには主にこの3つが代表的なものとして紹介されてきたわけですが、最新の研究で新たに肌内部に炎症を引き起こす「紫外線以外の光」「大気中に漂う微粒子による刺激」の存在が明らかになりました。


微弱炎症を引き起こす新たな「光」と「刺激」

ブルーライトや近赤外線が肌のより深くまで届いて微弱炎症を引き起こすこと。
空気中を漂う刺激物質が肌のバリア機能を低下させ、肌内部に侵入して慢性的な炎症の原因になること。


腫れたり、赤くなって熱を持つような炎症は自覚症状がある分、原因の追究と対策にすぐに取りかかれるんですが、気づかないくらい弱い炎症(=微弱炎症)だと自覚症状がないので、問題が起こっていることにすら気づくことができず、そのまま放置されてしまいます。


気づいたときにはシミやシワが深刻な状態になってから....それが微弱炎症の怖い点だと思います。


さらに炎症を起こしている肌は酸化や糖化といったタンパク質を変性させて肌老化を早める反応が進みやすいというショッキングな事実もあります。ただ、逆をいえば、炎症を防ぐことができれば酸化や糖化の反応も鈍らせることができるということです。


だからこそ、何が微弱炎症を引き起こす引き金になってしまうのか?どうやって対策するか?を知っておくことが炎症から肌を守り、シミやくすみのない若々しい肌を保つポイントになります。


※残念なことに私たちの肌では常に「自覚症状のない小さな炎症」が発生していて、加齢にともない炎症に対する抵抗力も弱くなっていくので頻発・慢性化していくといわれています。40歳を過ぎれば、誰もが「微弱炎症」から避けられないため対策は急務です。


炎症を防ぐ方法ですが、まずは肌のバリア機能を高めて刺激に負けない肌を作ることが基本。そこにさらに外出する際は特に肌を保護してあげることが必須です。保護&保湿のWケアで刺激物質を寄せ付けないということが大事です。


抗炎症を考えた保護&保湿ケアのやり方

 セラミド保湿などで角層のバリア機能を強化する
 外出時はマスクや帽子をかぶるなどして肌をシールドする
 BBクリームなどベースメイクで肌表面をガードする
 「こする」「たたく」「引っ張る」といったスキンケア時の刺激は最小限に


刺激を与えず、空気中の刺激物質をブロックできれば微弱炎症を未然に防ぐことができますし、同時に保湿をしっかりして肌のバリア機能が整っていれば炎症を最小限に留めることができるはずです。


肌内部の微弱炎症を防ぐことがシミやくすみを防ぐことにもつながるということは、まだまだ知らない人が多いのが現状です。5年後、10年後も透明感あるシミのない肌でいるためにも、今日から是非、抗炎症を念頭においた保護&保湿ケアも心がけるようにしてみてください。

美白の目的にあわせて美白美容液を選ぶ!

≪できてしまったシミに!美白美容液<Best3>≫
沈着して居座ってしまったシミ(=メラニン)を還元する効果がある美白成分といえば最強の美白成分「ハイドロキノン」。ハイドロキノン配合の美白美容液を紹介します。
≪シミ予防・くすみ対策向け美白美容液は?≫
肌を白くしたい!シミのない透明感ある肌になりたい!という方にぴったりのホワイトニング&ブライトニング効果の高い肌色にアプローチする美白美容液の選び方を紹介します。
≪マルチ効果に期待大!ビタミンC美容液≫
活性酸素の除去、メラニン抑制、メラニン還元、毛穴、ニキビ跡など美肌に不可欠な作用を持つビタミンCをそのままの形で配合したピュアビタミン配合の高性能美容液を紹介します。

Let's!美白Lesson

美白美容液が1つあれば美白ケアはOK!
美白美容液だけでOK!
美白は美白美容液を1点加えるだけでOK!保湿と美白を両立させるポイント使いを伝授。
美白ケアを失敗しないための9つのチェック項目
美白ケア9つの注意点
美白効果を実感するための美白ケアの9つのチェックポイントを解説!必読です。
美白が効くシミ、効かないシミ
あなたのシミを診断!
シミにも種類があり、コスメによる美白ケアが効果的なものと効果のないものがあります。
美白美容液に配合されている有効成分を解説!
美白成分の働き
美白美容液に配合されている美白有効成分を調査。美白成分と肌との相性は大事です。

Seach!美白美容液

日焼けシミ
最もポピュラーなシミ。加齢とともにこめかみや頬などにでてくるシミはこれです。
肝斑
妊娠中・産後・更年期などホルモンバランスが影響する女性特有のシミです。
炎症性色素沈着
ニキビや肌荒れ、傷跡など炎症した肌にできる色素沈着。長く居座ることも多いです。
ニキビ跡を治す方法【赤み・色素沈着】
ニキビ跡を治す方法
なかなか消えない「赤い」「色素沈着」といったニキビ跡も美白美容液を使えばきれいに。
紫外線やスキンケア時の摩擦だけでなく、スマホのブルーライトや近赤外線、花粉やPM2.5などの大気汚染物質も肌内部に微弱炎症を引き起こすことがわかってきました。新しいシミ・肝斑・くすみ・色素沈着の原因に対するケア方法を覚えておきましょう。