美白美容液超入門 >  > 美白美容液のポイント使いから美白をはじめよう!

美白美容液のポイント使いから美白をはじめよう!

美白美容液のポイント使いから美白をはじめよう!
美白は美容液を重視する!
美容液というのは、基礎化粧品のなかでも肌の悩みに効かせる有効成分を肌に与えるという一番重要な役割を担っているスキンケアアイテムであり、有効成分を高濃度含有しています。化粧品会社が最も時間とお金をかけて開発するのも美容液であり、美容液のレベルがそのまま化粧品会社の実力といってしまってもいいぐらいです。特に美白にかんしてはこの傾向が強いです。

使用感や肌なじみ、それから美白美容液をより効かせようと思ったらライン使いしたほうがいいのは間違いありませんが、美白化粧品って値段が高いので化粧水・美容液・乳液・クリームまですべて揃えるのが大変ですよね?


お金に余裕があるのなら最初からラインでそろえてもいいと思いますが、まずはその化粧ブランドの実力を測る意味でも最初は美白美容液のポイント使いからはじめるというのがおすすめの方法です。


また、美白は継続してこそ効果がでてくるものなので毎日使う基本アイテムである美容液に美白ものを加えるというのが一番合理的でもあります。できてしまったシミ対策であればそれこそ普段使っているスキンケア化粧品にスポッツケア用の美白美容液を1点加えるだけでOKです。


シミ・くすみに効かせる美白アイテムは美容液に一番こだわって選ぶようにしてください。


美白美容液を使ったスキンケアのやり方・塗り方

美白ケアは美白美容液のポイント使いだけという人は有名人でもけっこういます。


佐伯チズさんなんかはそうですよね。美白と保湿を両立させるスキンケアを考えるとベースは保湿において美白アイテムは美白美容液を1点加えるだけで十分という考え方をされていたと思います。


また、「うるおいある肌あってこその美白」という考えが今は主流ですから、保湿ありきで考えると、普段の保湿メインのスキンケアに美白美容液を重ねるというのが、もっとも要領よく美白ケアを行う方法でもあると思います。


以下は保湿ベースの普段のお手入れに美白美容液を加える一例です。

美白と保湿を両立させる美容液を塗る順番

1、化粧水【保湿】
2、美容液【美白】←ココに加える
3、美容液【保湿】
4、乳液・クリーム【保湿】


作用の異なる美容液を同時に使う場合は、「さっぱり系→しっとり系」というように水っぽい軽いテクスチャーのものを使ってから油分の多い重いテクスチャーのものを重ねるというのが基本的な使い方です。


美白美容液と保湿美容液の場合は、だいたいほとんどが美白→保湿の順番になると思います。


覚えておいてほしいのはうるおいある肌の土台があってはじめて美白成分は浸透して作用するということ。詳しくは「乾燥肌・敏感肌とシミの関係」で解説していますが、バリア機能が低下した乾燥肌や敏感肌のままでは美白をしてもあまり効果を実感できません。


なお、できてしまったシミに使うスポッツケア用の美白美容液の使い方や使う順番は商品ごとに指定されていると思うので、その通りに使うようにしてください。自己流は禁物です。


美白美容液は朝と夜で使い分けたほうがいい?

美白美容液は朝と夜で使い分けたほうがいい?美白美容液を朝と晩の両方塗ったほうがいいのか、それとも夜だけなのか、朝と晩の両方に使うなら朝と晩で同じ美白美白美容液を使うべきなのか?そんな疑問を持つ人もいるかもしれません。


まず美白美容液の使い方としては自己アレンジせずに説明書どおりに使うことです。


説明書きに朝晩に使うこととあれば、朝と晩使うことを想定して効果がでるように設計してあるということですし、夜用という記載があれば夜のみに使用することで効果が最大限発揮されるように設計されているということだからです。


例えば、ハイドロキノン配合のスポッツケア用の美白美容液は夜用です。その理由ですが、ハイドロキノンを使うとその強力なメラニン抑制作用により、肌が紫外線に対して極端に弱くなってしまうから。


紫外線を浴びる可能性がある日中にハイドロキノンを肌に塗布することは、肌トラブルのリスクを高めてしまう原因になってしまうんですね。強力なメラニン生成抑制作用を持つ美白成分は日中は使えないということは覚えておいたほうがいいかもしれません。


朝と夜の美白とで美白美容液を使い分けるかどうかは美白の目的によります。


シミがすでにあるなら夜のケアにはハイドロキノン配合のスポッツケア用美容液が必要になるでしょうし、シミがなければ朝と夜で同じシミ予防に優れた美白美容液を使えば問題ないと思います。


朝の美白ケアのポイント

朝の美白ケアは、これから紫外線を浴びるわけですから、その影響をできるだけ小さくすることが目標です。UVケアは必須、美白美容液もシミ予防に焦点をあわせて、肌の内部に蓄積される紫外線ダメージを最小限に抑えることを第一に考えます。

夜の美白ケアのポイント

夜の美白ケアは、紫外線の影響を考えなくて済みますし、日中受けたダメージを修復してリセットしつつ、蓄積してしまったメラニンを排出する、スポッツケア用の美白美容液でシミを薄くする・消すといった積極的なケアが可能な時間です。


朝は「守り」、夜は「攻める」というイメージですね。


肌の新陳代謝が行われるのは夜寝ている間ですから、それにあわせて美白美容液を使って有効成分を肌に与えておく必要があります。シミケアは夜に注力したほうがいいのは肌のメカニズムを考えても明らかなので、夜用の美白美容液は手抜きしないほうがいいですね。


美白の目的にあわせて美白美容液を選ぶ!

≪できてしまったシミに!美白美容液<Best3>≫
沈着して居座ってしまったシミ(=メラニン)を還元する効果がある美白成分といえば最強の美白成分「ハイドロキノン」。ハイドロキノン配合の美白美容液を紹介します。
≪シミ予防・くすみ対策向け美白美容液は?≫
肌を白くしたい!シミのない透明感ある肌になりたい!という方にぴったりのホワイトニング&ブライトニング効果の高い肌色にアプローチする美白美容液の選び方を紹介します。
≪マルチ効果に期待大!ビタミンC美容液≫
活性酸素の除去、メラニン抑制、メラニン還元、毛穴、ニキビ跡など美肌に不可欠な作用を持つビタミンCをそのままの形で配合したピュアビタミン配合の高性能美容液を紹介します。

Let's!美白Lesson

美白美容液が1つあれば美白ケアはOK!
美白美容液だけでOK!
美白は美白美容液を1点加えるだけでOK!保湿と美白を両立させるポイント使いを伝授。
美白ケアを失敗しないための9つのチェック項目
美白ケア9つの注意点
美白効果を実感するための美白ケアの9つのチェックポイントを解説!必読です。
美白が効くシミ、効かないシミ
あなたのシミを診断!
シミにも種類があり、コスメによる美白ケアが効果的なものと効果のないものがあります。
美白美容液に配合されている有効成分を解説!
美白成分の働き
美白美容液に配合されている美白有効成分を調査。美白成分と肌との相性は大事です。

Seach!美白美容液

日焼けシミ
最もポピュラーなシミ。加齢とともにこめかみや頬などにでてくるシミはこれです。
肝斑
妊娠中・産後・更年期などホルモンバランスが影響する女性特有のシミです。
炎症性色素沈着
ニキビや肌荒れ、傷跡など炎症した肌にできる色素沈着。長く居座ることも多いです。
ニキビ跡を治す方法【赤み・色素沈着】
ニキビ跡を治す方法
なかなか消えない「赤い」「色素沈着」といったニキビ跡も美白美容液を使えばきれいに。
これからはじめて美白するという場合は、まずは美白美容液のポイント使いからはじめるのがおすすめ。普段のスキンケアのどう美白美容液を加えればいいのか?その具体的な使い方となぜ美白美容液1つで美白が十分なのかを詳しく解説します。