美白美容液超入門 >  美白美容液の選び方 >  肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)

女性ホルモンのホルモンバランスの乱れが主な原因。

肝斑は女性ホルモンの乱れが原因

ホルモンバランスが乱れることで発生する女性特有のシミが肝斑(かんぱん)です。


頬骨あたりにできるということで日焼けによるシミと混同しやすいですが、点々、ポツポツといった感じではなく、刷毛でサッと塗ったようなベタッとしたシミが両頬に左右対称でできるというのが肝斑の特徴です。


ホルモンバランスの乱れが一番の原因ですが、精神的なストレスや紫外線、肌への摩擦によっても発症・悪化することがわかっています。

肝斑の特徴!
妊娠中・産後・更年期にできた。 ピルを服用時にできた。 30代から50代の間に突然できた。
境界線がボヤッとしている。 両頬に左右対称にある。 点状ではなく、広い範囲にわたる。

肝斑の原因と肝斑治療にトラネキサム酸が使われる理由

肝斑の根本的な原因や発生メカニズムについては、さまざまな報告がありますが、未だに詳しくその仕組みは解明はされていません。


とはいえ、肝斑が発生するのがほとんど女性だということ、経口避妊薬(ピル)服用時、妊娠中や産後、更年期など女性ホルモンのバランスが大きく乱れるときに肝斑がでてきやすいこと、閉経後に薄くなったり消えるケースが多く、高齢者が発症しないことを考えると、女性ホルモンが関係しているのは間違いなさそうです。


※摩擦や刺激は肝斑を悪化させる原因にはなりますが、直接の病因とは考え難いです。患部を詳しく観察してもメラニンの増加は確認できても炎症反応はみられないからというのがその理由。


また、肝斑という名称から肝臓との関連性を気にする人もいるかもしれませんが、肝臓の機能や状態とは因果関係はありません。


肝斑のなかで最も多いのが妊娠時に発症する妊娠性肝斑というもので、これは卵胞ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)、メラノサイト刺激ホルモン(MSH)の増加といったホルモンバランスの変化が発症の引き金になっていると考えられています。


こうしたホルモンバランスの変化があったところに、紫外線を浴びてしまうと、プラスミンというメラノサイト活性因子がメラノサイトを刺激してメラニン色素の生成をより促してしまうので色素沈着ができやすく、一気に悪化してしまうので注意が必要です。


※ 紫外線は肝斑の直接的な原因ではありませんが、症状の悪化・再発を招く原因の一つとして考えられています。


肝斑の治療にトラネキサム酸がよく利用されるのは、このプラスミンの働きを阻害し、メラノサイトの活性化を抑える抗プラスミン作用があるため。メラノサイト活性因子を阻害することで、肝斑の色素沈着部分で活性化しているメラノサイトの活動も抑制できると考えられています。

肝斑治療の最新と自宅でできる再発防止ケア

肝斑(かんぱん)の治療というのはそれが本当に肝斑なのか?を見極めるところからはじまります。


というのも紫外線によるシミやソバカスが混在(重なっている)していることが多いうえ、遅発性両側性太田母斑(ADM/後天性真皮メラノサイトーシス)や炎症による色素沈着症と間違えやすいからです。


※シミ(色素沈着)の種類によって治療方法や効果のある美白成分が異なるため正確な診断が必要です。特に遅発性両側性太田母斑は医師でも肝斑と間違えるくらい似た皮膚疾患です。


医師による診察で「肝斑」と判定された場合、内服薬としてはトラネキサム酸とビタミンC、外用薬にはトラネキサム酸、トレチノイン&ハイドロキノンなどの薬剤が処方されるのが一般的です。


「皮膚科はいつも混んでるし、行きたくないんだよね」という方には、OTC医薬品(市販薬)ではCMをやっている「トランシーノⅡ」があります。こちらはお近くの薬局で購入できます。


それから今、注目されているのがレーザートーニングという肝斑の治療法です。


これまでレーザー治療を行うと、どうして肌に炎症がおこってしまい、それが肝斑にとっては悪影響となってしまうため「肝斑にレーザー治療はNG!」というのが常識でした。


※ 範囲が広くぼんやりしているためピンポイントでシミを狙えないことも理由の1つでした。


しかし、レーザートーニングは非常に弱いパワーで炎症を起こすことなく肝斑の色素沈着したメラニンを除去できるため、肝斑治療の救世主的存在になっているんですね。


ただ、肝斑の困ったところは例え今頬にあるものがきれいになっても再発する可能性が常にあるということです。また、肝斑治療の選択肢は昔に比べるとかなり広がってきていますが、その多くは保険適用外なのでお金がかかりますから誰でも何度でも利用するというわけにはいきません。


スキンケアや生活習慣などを見直して自宅で自分で肝斑を悪化・再発させない努力も必要だということは頭の片隅に置いておいてくださいね。


肝斑を再発させないためのまとめ

(1) 紫外線は悪化の一番の原因!UVケアを徹底しましょう!
(2) 肌への過度な刺激・摩擦は厳禁!スキンケアはピアノタッチで!
(3) 規則正しい生活を送り、ストレスを溜めないこと!
(4) 抗炎症作用のあるオメガ3系脂肪酸を積極的に摂取しましょう!

肝斑(かんぱん)に効果のある美白美容液<Best3>

トラネキサム酸、ハイドロキノン配合のものを選ぶべし!
肝斑にはトラネキサム酸、ハイドロキノン配合 肝斑に対しては皮膚科での治療でも用いられているトラネキサム酸、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸が配合された美白美容液を選ぶのが基本。特にトラネキサム酸は内服薬もあるように肝斑に対しては効果が高いです。
資生堂HAKU メラノフォーカスCR
価格:10,800円/5,400円 送料無料
肌の代謝を促す、4MSKとm-トラネキサム酸の2種類の美白有効成分を同時配合した「抗メラノ機能体」の作用で肝斑にアプローチしてくれます。
資生堂HAKU メラノフォーカスCR
アンプルール
お試し:1,890円 送料無料
ハイドロキノンは肝斑にも効果あり。「新安定型ハイドロキノン」が肝斑に夜通し働きかけてくれます。
ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
草花木果 白花八草美白液
初回価格:4,100円 送料無料
トラネキサム酸と白花八草エキスの相乗効果で肌に透明感を取り戻す自然派化粧品の草花木果の美白液です。
草花木果 白花八草美白液

肝斑と相性のいい『トラネキサム酸』×『4MSK』を配合!

クリニックでの肝斑治療はあくまで対症療法であり、予防や再発防止となるとまた別問題です。


そのため肝斑に対しては地道に毎日の美白美容液でケアをしたり、生活習慣を整えて女性ホルモンのバランスに気を配ることが大切になります。スキンケアでは代謝ケアを行うとさらに効果が高くなるといわれています。

資生堂HAKUの美白美容液がおすすめな理由
資生堂HAKUメラノフォーカス3Dでメラニンを完全封鎖!

肝斑に効果があるといわれるトラネキサム酸は、もともと資生堂が開発した美白成分。メラノフォーカスCRにももちろん配合されています。


さらにもうひとつ配合されている4MSKという美白成分は肌の代謝を高めてメラニンの排出を促してくれる作用があるもの。排出美白が効果的といわれる肝斑に対しては相性抜群といえます。


資生堂HAKUには、トライアルセットがないのが残念なところですが、ハーフサイズがあるのでそれを先に使って効果を試してから、レギュラーサイズに挑戦してみるのが無難だと思います。

Let's!美白Lesson

美白美容液が1つあれば美白ケアはOK!
美白美容液だけでOK!
美白は美白美容液を1点加えるだけでOK!保湿と美白を両立させるポイント使いを伝授。
美白ケアを失敗しないための9つのチェック項目
美白ケア9つの注意点
美白効果を実感するための美白ケアの9つのチェックポイントを解説!必読です。
美白が効くシミ、効かないシミ
あなたのシミを診断!
シミにも種類があり、コスメによる美白ケアが効果的なものと効果のないものがあります。
美白美容液に配合されている有効成分を解説!
美白成分の働き
美白美容液に配合されている美白有効成分を調査。美白成分と肌との相性は大事です。

Seach!美白美容液

日焼けシミ
最もポピュラーなシミ。加齢とともにこめかみや頬などにでてくるシミはこれです。
肝斑
妊娠中・産後・更年期などホルモンバランスが影響する女性特有のシミです。
炎症性色素沈着
ニキビや肌荒れ、傷跡など炎症した肌にできる色素沈着。長く居座ることも多いです。
ニキビ跡を治す方法【赤み・色素沈着】
ニキビ跡を治す方法
なかなか消えない「赤い」「色素沈着」といったニキビ跡も美白美容液を使えばきれいに。
ホルモンバランスが乱れることで発生する女性特有のシミが肝斑です。刷毛でサッと塗ったようなベタッとしたシミが両頬にできること、妊娠中は非常にできやすく妊婦の5~7割に発生するといわれています。肝斑によく効く美白成分があるので確認してみてください。