美白美容液超入門 >  > 医薬部外品と化粧品、美白効果が高いのはどっち?

医薬部外品と化粧品、美白効果が高いのはどっち?

医薬部外品と化粧品美白を目的とする化粧品には、医薬部外品という表記があるものが多いです。


では、ココで質問です。


「医薬部外品の美白化粧品とただの美白化粧品ではどちらのほうが美白効果が高いでしょうか?」


おそらくほとんどの人は医薬部外品の美白化粧品のほうが効果効能に優れると答えるのではないでしょうか?ではなぜ、医薬部外品のほうが効果があると思うのですか?と尋ねると、「何となくそういうイメージだから」と答える人が大半だと思うんですが、どうでしょうか?


医薬部外品は「医薬品に準ずるもの」と説明されたり「薬用」といった医薬品をイメージさせる冠詞がつくため、医薬品ほどではないけれど、化粧品よりは効果が高そうだと思いがちです。


しかし、この欧米にはない日本独自の医薬部外品というものの中身と表記のカラクリを知ると、化粧品より効果が高いとは一概にはいえないことがよくわかるんです。


医薬部外品と化粧品は何が違う?

医薬部外品と化粧品では配合されている原料にその差はありません。厚生労働省で定めた有効成分を規定にある配合量で配合すれば、医薬部外品になり、ある特定の効果効能が謳えるようになります。


美白化粧品でいうと、ビタミンCを3%の濃度の配合した化粧水を作り、認可を受けるための手続きを済ませれば、晴れて「薬用化粧水」とか「メラニンの生成を抑制し、シミやそばかすを防ぐ」といった表記ができるようになるんです。


また、医薬部外品になれば化粧品に義務付けられている全成分表示の対象外になりますから、指定表示成分のみパッケージに記載すればOKです。


これに対して、化粧品はというと、医薬部外品と違って表現にかなりの制限があります。基本的に変化や改善を想起させるようなことは謳えませんし、効果効能には触れることができません。


そしてここからが重要なのでしっかり読んでほしんですが、化粧品は全成分表示の義務こそありますが、配合量に決まりはありません。例えばオバジCというビタミンC美容液は、20%という高濃度のビタミンCを配合していますが、これは医薬部外品ではなく、化粧品だからできることです。


※医薬部外品では、ビタミンC(誘導体含む)の濃度は3%が上限


また、安全性についても化粧品は全成分表示の義務があるため、何が配合されているか、どの成分の配合量が多いかがわかります。


化粧品の成分についてある程度、知らないといけませんが、少なくとも自分にとって刺激のある成分や合わない成分が配合されているかどうかは、化粧品の場合は全成分表示に記載されているためわかるわけです。


しかし、医薬部外品は指定表示成分のみ表記すればいいので、自分にとって相性の悪い成分が入っているかどうかわかりません。メーカー側からすれば、悪い言い方をすると医薬部外品は「成分隠し」ができるわけなんです。


医薬部外品だから効果が高い&安全と考えるのは間違い!?

「厚生労働省が美白成分として認めているビタミンCが高濃度で配合されているのにもかかわらず、化粧品だと効果効能が謳えない」


医薬部外品と化粧品について調べると、まずこうした大きな矛盾があることに気づきます。


また、アレルギーなどがある人や肌がデリケートで刺激に弱い人は化粧品の成分をしっかりチェックしたいと思うんですが、指定表示成分のみ表記されている医薬部外品に比べて、全成分が表示されている化粧品のほうが安心して選べるはずです。


なんとなく医薬部外品のほうが化粧品より効果も高そうだし、安全性も高そうだというイメージがあったと思うんですが、このように有効成分の配合量の限度や成分表記のカラクリを知ると、医薬部外品だからと盲信してしまうというのはちょっと問題で、化粧品の方が効果や安全性について信頼できるケースもあるということが分かると思います。


メーカー側としても、医薬部外品にするか化粧品として売り出すかは悩むところで、成分重視であればオバジCやビーグレンのように医薬部外品の限度外の濃度や美白成分を配合した化粧品として売り出すことになりますし、広告やPRのやりやすさ重視なら、効果効能を謳える医薬部外品として売り出すわけです。


※どちらでいくかはその企業の方針になりますが、広告や宣伝にお金をかけられる大手化粧品会社は後者のケースが多いです。


いずれにせよ、美白化粧品を使うユーザーとしては、医薬部外品と化粧品の違いを知り、成分表示やパッケージの表記の意味するものを正しく読み解いて、自分の肌にあった美白アイテムを選ぶためのリテラシー、選択眼をもたないといけないということです。


これまで何となーく、「医薬部外品」という言葉のイメージで美白美容液を選んでしまっていたという人は反省しないといけません。美白を叶えるためにも使う化粧品について無知でいてはいけないってことですね。


これでOK!美白美容液の選び方

Let's!美白Lesson

美白美容液が1つあれば美白ケアはOK!
美白美容液だけでOK!
美白は美白美容液を1点加えるだけでOK!保湿と美白を両立させるポイント使いを伝授。
美白ケアを失敗しないための9つのチェック項目
美白ケア9つの注意点
美白効果を実感するための美白ケアの9つのチェックポイントを解説!必読です。
美白が効くシミ、効かないシミ
あなたのシミを診断!
シミにも種類があり、コスメによる美白ケアが効果的なものと効果のないものがあります。
美白美容液に配合されている有効成分を解説!
美白成分の働き
美白美容液に配合されている美白有効成分を調査。美白成分と肌との相性は大事です。

Seach!美白美容液

日焼けシミ
最もポピュラーなシミ。加齢とともにこめかみや頬などにでてくるシミはこれです。
肝斑
妊娠中・産後・更年期などホルモンバランスが影響する女性特有のシミです。
炎症性色素沈着
ニキビや肌荒れ、傷跡など炎症した肌にできる色素沈着。長く居座ることも多いです。
ニキビ跡を治す方法【赤み・色素沈着】
ニキビ跡を治す方法
なかなか消えない「赤い」「色素沈着」といったニキビ跡も美白美容液を使えばきれいに。
美白化粧品を選ぶときは「医薬部外品かどうかで選ぶ」という人もいると思いますが、正しく「医薬部外品」の意味を理解してますか?「医薬部外品」の表記の有無で何が違うのかよくわかならい&区別がつかない人は必見です。