美白美容液超入門 >  シミ対策の基礎知識 >  シミ・そばかすの原因は?

シミの原因は?~メラニン生成のメカニズム

なぜ、シミはできるの?~メラニン生成のメカニズム
なぜ、シミはできるの?
ハリもあるし、潤いも艶もある肌であってもぽつんとひとつシミがあるだけで残念な印象になってしまうのはご承知のとおり。メラニンそのものは肌細胞を紫外線などから守ってくれる重要な存在ですが、過剰に生成されたり、ターンオーバーでうまく排出されないとシミになってしまいます。
シミの原因、メラニンはこうして発生! 肌が紫外線を浴びると、細胞の中にある核を守るために、メラノサイトが活性して、メラニンを作り出します。紫外線以外にもニキビや傷、虫刺されによって起こった炎症やゴシゴシ肌を擦ったり、掻いたりする摩擦による刺激を受けてもメラニンが作られて、シミや色素沈着の原因になります。

シミの原因、メラニン色素が作られる仕組み

シミの原因、メラニンが作られる仕組み 紫外線やストレス、炎症、摩擦などの刺激を受けると、活性酸素が発生します。


活性酸素による酸化ダメージから肌細胞を守るためにメラニン色素の生成工場であるメラノサイト(色素細胞)に命令を伝えるエンドセリンなどの情報伝達物質が分泌されます。


エンドリセン(ET)
幹細胞増殖因子(SCF)
プロスタグランジン
プラスミン
繊維芽細胞増殖因子(bFGF)
副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)
メラノサイト刺激ホルモン(MSH)


これらのメラノサイト活性化因子(情報伝達物質)は紫外線以外にもホルモンバランスの変化などのさまざまな刺激からも発生しますが、「メラニンを作れ!」という信号をメラノサイトに伝えるのは共通しています。


信号を受け取ったメラノサイト内では、チロシナーゼ酵素やチロシナーゼ関連タンパク質(TRP-1、TRP-2)が活性化してメラニン色素が作られはじめます。

ホルモンは直接、メラノサイトにメラニン色素を作らせる。

紫外線を浴びてなくてもメラノサイトを刺激するホルモンの作用で色素沈着が発生するケースがあります。代表的なものが妊娠中のシミや色素沈着ですが、これは妊娠中に増える女性ホルモンの影響で分泌される「メラノサイト刺激ホルモン(MSH)」の影響によるもの。視力が弱い赤ちゃんが乳首を見つけやすいように乳輪や乳頭が黒くなるなど、母体に備わった1つのメカニズムです。


メラニン色素は表皮の最下層の基底層にあるメラノサイトのなかにあるメラノソームという袋のなかで作られます。「チロシン」というメラニン色素の材料になるアミノ酸にチロシナーゼ及びチロシナーゼ関連タンパク質が働きかけ、黒褐色のメラニン(ユーメラニン)になります。


メラノソームで生成されたメラニンはメラノサイトがいくつも持っている樹状突起という触手のようなものを通じて表皮の最下層にあるケラチノサイト(表皮細胞)にメラノソームごと受け渡された後、そのまま表皮に留まり、黒い防御壁となって紫外線から細胞核を守ります。


表皮内のメラニンは、通常であれば肌のターンオーバーの過程で分解されて、やがては古い角質と一緒に剥がれ落ちて排出されていきます。しかし、肌のターンオーバーが滞っていたり、メラニンの量が過剰だったりするとそのまま肌内に定着してシミになってしまうわけです。


メラニンの生成経路
シミになるのは2つあるメラニンのうち黒色メラニンだけ!

メラニン色素はメラノサイトの中にあるチロシンというアミノ酸がもとになって作られていきます。チロシンにチロシナーゼという酵素が作用することで、ドーパ→ドーパキノンと変化。さらにそこからドーパキノンが酸化してドーパクロム→インドールキノンへ変化していけば、黒色メラニン(ユーメラニン)に、システインと結合すると黄色メラニン(フェオメラニン)になります。この2種類のメラニンのうちシミになってしまうのは黒色メラニン(ユーメラニン)だけです。

メラニン色素がシミとして色素沈着してしまう理由

メラニンの生成から排出までの流れ

1、紫外線、ストレス、ホルモンの乱れなど、刺激誘因物質の刺激で活性酸素が発生
2、メラノサイト活性化因子(情報伝達物質)によりメラノサイトへ信号が送られる
3、チロシナーゼ酵素が活性化し、メラノサイトで黒色メラニンが生成される
4、表皮細胞(ケラチノサイト)にメラノソームごとメラニンが受け渡される
5、肌のターンオーバーによって不要な角質とともに排出される

というのがメラニン色素の生成から排出までの流れです。肌細胞が正常に機能していて、新陳代謝もスムースであれば、生成されたメラニンはいずれ排出されるので、必要以上に肌に残ることはありません。


しかし、シミや色素沈着がある肌というのは、


1、紫外線など刺激を受けてメラノサイトに信号が送られる
2、メラノサイトでメラニン色素が生成される
3、表皮細胞(ケラチノサイト)に受け渡される
4、ターンオーバーによって排出される


この4段階の過程のどこかで問題が発生しています。角化細胞(ケラチノサイト)に異常が起きていて、「メラニンを作れ!」という信号が出続けていたり、メラノサイトに異常があってメラニンが必要以上に過剰に生成されてしまっていたり、シミのある部分だけ局所的に細胞分裂が低下していてメラニンの排出がうまくされずに蓄積されたりといった具合にです。


※メラニン色素の発生源であるメラノサイト自体の数が増えてしまったり、メラノサイトを産生する色素幹細胞が紫外線を浴びることで、より多くのメラニンを生成する異常メラノサイトを作り出してしまうという話もあります。


美白美容液をはじめ、美白化粧品に配合されている美白成分には、このようなシミが生成される4段階のプロセスのいずれかに働きかけることでメラニンの生成を抑制したり、黒色メラニンを還元して淡色化したりする作用があります。


詳しい美白成分の働きについてはこちらで解説しているのでチェックしてみてください。

シミ対策として覚えておきたい5つのポイント

シミ対策の5つのポイント

1、紫外線対策を徹底すること
2、女性ホルモンを整えること
3、ストレス・睡眠不足に気をつけること
4、毎日のスキンケアでの摩擦や刺激による炎症に気をつけること
5、美白成分を配合したコスメを使ってメラニン生成を抑制すること

1つずつ解説していきますね。


紫外線対策を徹底的に行うこと

これまでに説明したように紫外線が一番のメラニンの発生原因ですから、紫外線対策を徹底することがシミ対策にとっては最優先項目になります。紫外線対策には表皮の最下層にある基底層(基底膜)が衰えると表皮に受け渡されるはずのメラニンが真皮に落ちてしまい、消えないシミになるので、基底膜を守る意味もあるので必須です。ただ、紫外線はビタミンDを合成するのに必要なものなので、まったく浴びないというのもそれはそれで問題になります。

女性ホルモンを整えること

メラノサイト刺激ホルモン(MSH)は、妊娠中だけでなく生理前の黄体期にも分泌されているものなので注意が必要です。また、女性ホルモンのエストロゲンは、ターンオーバーを促進したり、メラニン生成を抑制するなど美肌に不可欠なものなので、ホルモンバランスが崩れてしまうとシミや色素沈着につながるので注意が必要です。

ストレス・睡眠不足に気を付けること

精神的なストレスが蓄積されたり、睡眠不足が続くなど自律神経が乱れることがあると、ホルモンバランスも乱れてしまいます。自律神経の乱れは、メラノサイト刺激ホルモン(MSH)や副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が分泌される原因になるので、シミや色素沈着ができやすくなります。

スキンケアでの摩擦や刺激に気をつけること

シミやくすみに気をつけて念入りなスキンケアをしているほど、キメが消えていることが多いです。理由は肌を擦りすぎて炎症を起こしてしまっているから。スキンケアのたびに肌に微弱炎症が起きていると、常にメラノサイトが活性化して、メラニンが作られてしまうので、白く透明感ある肌など夢のまた夢です。コットンで擦る、美容液を擦り込むようにして使う、パッティングで叩く、顔をマッサージや美容ローラーでグリグルすることも炎症の原因になるので要注意です。

美白成分で、メラニン生成を抑制すること

シミ・ソバカス、色素沈着はメラニンの生成過剰や代謝機能の低下が原因であることがほとんどなので、メラノサイト(色素細胞)の活性化を防いだり、表皮内のメラニンを淡く還元して、できてしまったシミを薄くしたり、ターンオーバーを促して沈着したメラニンを速やかに排出する作用のある美白成分を使ったスキンケアを心がけましょう。


シミの原因となるメラニンは今この瞬間にも、紫外線や活性酸素、微弱炎症の影響を受けて生成されています。今、顔にシミがある人はこれ以上悪化させないように、まだない人はシミをつくらせないように、シミ対策は早くはじめたほうがいいです。

美白の目的にあわせて美白美容液を選ぶ!

≪できてしまったシミに!美白美容液<Best3>≫
沈着して居座ってしまったシミ(=メラニン)を還元する効果がある美白成分といえば最強の美白成分「ハイドロキノン」。ハイドロキノン配合の美白美容液を紹介します。
≪シミ予防・くすみ対策向け美白美容液は?≫
肌を白くしたい!シミのない透明感ある肌になりたい!という方にぴったりのホワイトニング&ブライトニング効果の高い肌色にアプローチする美白美容液の選び方を紹介します。
≪マルチ効果に期待大!ビタミンC美容液≫
活性酸素の除去、メラニン抑制、メラニン還元、毛穴、ニキビ跡など美肌に不可欠な作用を持つビタミンCをそのままの形で配合したピュアビタミン配合の高性能美容液を紹介します。

Let's!美白Lesson

美白美容液が1つあれば美白ケアはOK!
美白美容液だけでOK!
美白は美白美容液を1点加えるだけでOK!保湿と美白を両立させるポイント使いを伝授。
美白ケアを失敗しないための9つのチェック項目
美白ケア9つの注意点
美白効果を実感するための美白ケアの9つのチェックポイントを解説!必読です。
美白が効くシミ、効かないシミ
あなたのシミを診断!
シミにも種類があり、コスメによる美白ケアが効果的なものと効果のないものがあります。
美白美容液に配合されている有効成分を解説!
美白成分の働き
美白美容液に配合されている美白有効成分を調査。美白成分と肌との相性は大事です。

Seach!美白美容液

日焼けシミ
最もポピュラーなシミ。加齢とともにこめかみや頬などにでてくるシミはこれです。
肝斑
妊娠中・産後・更年期などホルモンバランスが影響する女性特有のシミです。
炎症性色素沈着
ニキビや肌荒れ、傷跡など炎症した肌にできる色素沈着。長く居座ることも多いです。
ニキビ跡を治す方法【赤み・色素沈着】
ニキビ跡を治す方法
なかなか消えない「赤い」「色素沈着」といったニキビ跡も美白美容液を使えばきれいに。
ある日突然できるのがシミです。紫外線ダメージに対する肌の強さにもよりますが、肌の代謝機能が落ちてくる20代後半から30代前半ぐらいからになったシミができる年齢です。子供のときは日焼けしてもシミにならないのになぜ大人になるとシミが残るのでしょうか?