美白美容液超入門 >  シミ対策の基礎知識 >  シミが濃くなるスキンケア

間違ったスキンケアでシミが濃くなるってホント!?

間違ったスキンケアでシミが濃くなるってホント!?
シミが悪化するスキンケア
無意識のうちにやってしまっている普段のスキンケアや顔を掻いたり、こする癖がシミを悪化させる原因になっているってご存知ですか?シミを気にするほど触ってしまったり、美容液を擦り込んでしまいがちですが、そうした行為はむしろシミを悪化させてしまうんです。
シミを触るとどんどん悪化するってホント!? 弱い刺激であってもそれを毎日繰り返すことで肌は炎症を起こしてしまいます。炎症を起こすとメラニンが沈着しやすくなるので、シミができやすくなりますし、今あるシミは濃くなる結果に。触っても擦ってもシミはよくなるわけではないので、むやみに触らないことが大切です。

シミが濃くなる、悪化するスキンケア一覧

「シミが増えたり、濃くなってしまうのは、自分のケアが間違っているから。」シミに悩んでいる方はこの可能性を十分に吟味する必要があります。


UV対策ができていないという不足ケアはもちろんのこと、まめにケアしている人ほど陥りやすいがちな過剰ケアという場合もあって、ここを直さないかぎりはシミケアで思うような結果は望めません。


普段のスキンケアで、以下に紹介するケアの過不足が起こっていないかチェックしてみてください。

メイクはゴシゴシ拭き取っている。
ふきとりタイプのクレンジングなどで力をいれて擦るようにしてメイクを落とすのはNG。肌への摩擦が強すぎるため、角層に傷がついてしまい、乾燥肌や肌荒れの原因にもなりますし、メラノサイトを刺激します。まぶたや目の下など目元は特に皮膚が薄く、擦った摩擦でメラニン色素が沈着して黒ずみやすいのでアイメイクをがっつりしている方は要注意。
泡立てない&ゴシゴシ洗いの洗顔
泡の量が少ないと手でそのまま肌を擦ってしまいがちに。毛穴の汚れは擦ることではなく泡に吸着させるものですから、肌を擦って洗うと角質層が傷ついてしまいます。すすぎ残しも肌への刺激になるので注意。洗顔した後にタオルで顔をゴシゴシ拭くのにも気をつけましょう。水気はタオルで押さえるようにして吸収させます。
化粧水のパッティング&手でたたく
コットンで叩く刺激がメラノサイトを刺激してメラニンを増やす原因になります。パッティングすることで血行がよくなるというメリットはありますが、化粧水が深く浸透するわけでもなくパッティングはマイナスの影響のほうが大きいです。手でパチパチ叩くのも炎症の原因になり、シミをつくる原因になります。
美容液をシミにすりこみすぎ
「なくなれ~」と気持ちを込めるほどシミの部分に美容液を強くすりこみがちになりますが、肌に余計な負担をかけてしまって炎症を招き、シミを悪化させる原因に。美容液をシミ部分にこするのもすりこむのもNG。
乳液・クリームをすりこみすぎ
美容液と同様に乳液・クリームを強くこすったり、すりこんでつけることは肌への摩擦になり、メラノサイトを刺激します。また同時に、角層を傷つけて炎症の原因にもなりますので注意してください。
レモンやキュウリの輪切りでパックをする
レモンやキュウリなどの食品を使ってパックをするというスキンケア方法がありますが、それをすると「ソラレン」という紫外線の感受性を高める作用のある物質が肌に直接触れてしまうので、レモンやキュウリパックをした後に紫外線を浴びると、シミができやすくなります。
UVケアを怠る&量をケチる
日焼け止はムラなく顔全体に均一に塗らないと効果がありません。顔が白くなってしまうからとか、ベタつきを嫌って薄づけしたり、量をケチる、朝にBBクリームを塗ってから日中塗り直しをしないなどすると紫外線カット効果も激減。(1cm2あたり2gの量をつけないと意味がありません。)紫外線ダメージをモロに受けてしまいます。
「こすらない」を意識すること!

すでにメラニンが発生している肌は外からの刺激がきっかけで起こる炎症でさらに悪化します。炎症はシミの発生・悪化原因になるので、スキンケアは「やさしく、丁寧に、こすらない」ことが大切です。

慢性的な炎症がシミ・くすみの隠れた原因!?

紫外線対策もしっかりしているし、美白化粧品を使ってお手入れしているのにシミもよくならないし、肌もくすんだままで白くならないという人は、毎日のスキンケアによる肌の炎症を疑ってみたほうがいいかもしれません。


肌をこすりすぎることによって肌内部で炎症が起きると、IL-1α(インターロイキン1α)やプロスタグランジンといった炎症性サイトカイン(メラノサイト活性因子)がチロシナーゼ酵素を活性化させて、メラニンが作られますから、それがシミや肝斑の原因になってしまうケースがあるんですね。


前述したように、拭き取りタイプのクレンジング、コットンやティッシュによる摩擦、顔のマッサージといったスキンケアはどうしても「こする」「たたく」「引っ張る」といった物理的な刺激を肌に与えてしまうので、肌にとっては大きな負担となり炎症の原因になります。


また、使った後にピリピリするなど刺激がある肌に合わない化粧品(美白美容液含む)を使い続けることも肌にとっては接触性皮膚炎を起こしている状態ですから、これも炎症=大きな刺激になります。


※単純に頬骨の高いところを強く擦るor引っ掻くクセがあるという場合もあります。


こうした肌への刺激や摩擦は一時的であれば特に気にする必要はありませんが、頻繁になると肌の内部で常に微弱な炎症が起きている状態をつくってしまうので、常にメラノサイトが活性し、メラニンを生成し続けてしまうようになります。


また、それだけでなく、慢性的な炎症は活性酸素も発生させ続けてしまうため、シミの原因になるだけでなく、肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンといった弾力性ンを変性・劣化させてしまう原因にもなるので、肌老化を早めてしまうことにつながってしまうんです。


こうした慢性炎症によるシミや肌老化はスキンケアを頑張っている人ほど陥りやすいので気をつけないといけません。『美白やアンチエイジングのためによかれと思ってやっていたことが逆にシミを増やし、肌老化を促進する原因になっていた』とは信じ難い話ですが、よくある話なんですね。

肝斑(かんぱん)はホルモンではなく慢性炎症が原因!?

男性に比べて圧倒的に女性に多いことやホルモンバランスが大きく変化するときに発症することが多いことから女性ホルモンが関係しているといわれる肝班ですが、スキンケア時のこすれによる炎症が原因では?という意見も最近は増えています。洗顔やスキンケア、メイク時に自覚のないままこする習慣が肝斑を悪化させているとのこと。抗炎症作用のあるトラネキサム酸が効果があるのも「肝斑=炎症説」の有力な証拠になっています。


「紫外線対策をしっかりしているのにシミができるし、肌に透明感がない。」美白を頑張っているけれど効果が実感できない原因は、もしかすると肌の内部で慢性的になっている炎症が原因かもしれません。


肌をたたいたり、擦ったり刺激や摩擦の多いスキンケアをしていないか、肌にあわない化粧品を使っていないかなど、今一度、毎日のお手入れを見直して肌を慢性炎症から守るようにしましょう。

必見!シミ(しみ)美白に役立つコンテンツ

≪シミの原因は?~メラニン生成のメカニズム≫
シミの原因になるメラニンは紫外線だけがきっかけで生成されるものではありません。また、メラニンがどうしてシミとして肌内部に沈着してしまうのか?その理由も解説。
≪美白が効くシミ、効かないシミとは?≫
シミの種類はいくつかあり、そのなかには美白成分が効くシミと効かないシミがあります。美白が効くタイプのシミも時間が経過するほど対応が難しくなってくるので注意です。
≪できてしまったシミに!美白美容液<Best3>≫
沈着して居座ってしまったシミ(=メラニン)を還元する効果がある美白成分といえば最強の美白成分「ハイドロキノン」。ハイドロキノン配合の美白美容液を紹介します。

Let's!美白Lesson

美白美容液が1つあれば美白ケアはOK!
美白美容液だけでOK!
美白は美白美容液を1点加えるだけでOK!保湿と美白を両立させるポイント使いを伝授。
美白ケアを失敗しないための9つのチェック項目
美白ケア9つの注意点
美白効果を実感するための美白ケアの9つのチェックポイントを解説!必読です。
美白が効くシミ、効かないシミ
あなたのシミを診断!
シミにも種類があり、コスメによる美白ケアが効果的なものと効果のないものがあります。
美白美容液に配合されている有効成分を解説!
美白成分の働き
美白美容液に配合されている美白有効成分を調査。美白成分と肌との相性は大事です。

Seach!美白美容液

日焼けシミ
最もポピュラーなシミ。加齢とともにこめかみや頬などにでてくるシミはこれです。
肝斑
妊娠中・産後・更年期などホルモンバランスが影響する女性特有のシミです。
炎症性色素沈着
ニキビや肌荒れ、傷跡など炎症した肌にできる色素沈着。長く居座ることも多いです。
ニキビ跡を治す方法【赤み・色素沈着】
ニキビ跡を治す方法
なかなか消えない「赤い」「色素沈着」といったニキビ跡も美白美容液を使えばきれいに。
シミを気にして頻繁に触る、美容液を擦り込むようにして使う、紫外線対策を疎かにするなどの普段のスキンケアの過不足がシミを増やしたり、濃くするなど悪化の原因になっていることがあります。正しいシミのケア方法を知って実践するようにしてください。