美白美容液超入門 >  美白美容液の選び方 >  予防・還元・排出の3つの美白

「予防・還元・排出」の3つの美白でメラニン対策

予防美白・還元美白・排出美白で美白を実現!

美白美容液をはじめとする美白化粧品は、どれもが「美白」を目的とする商品ですが、「どうやって美白を実現するか?」ということをもう少し細分化すると、配合している美白成分の作用と働きから「予防美白・還元美白・排出美白」の3つに分けることができます。


この「メラニンに対する3つのアプローチ」を理解していると、自分の肌状態や目的に必要な美白アイテムが何かわかりますし、メラニンへのアプローチの仕方が異なる美白美容液を組み合わせるなどして、より効果的な美白ケアが可能になります。

組み合わせて積極的に美白ケア!

美白の基本はシミを作らせないことにあるので、最も力を入れるべきは予防美白です。 シミができてしまった場合は、還元美白と排出美白を組み合わせて、できるだけ素早く沈着したメラニンを追い出しましょう。

予防美白~メラニン生成を抑制するケア

市販・通販とわず美白化粧品の多くは、シミの元になるメラニンの生成を抑え、シミを増やさない効果があり、シミができないように予防する目的で使います。そのため、これから先の予防ということから『予防美白』に分類されます。


シミは紫外線を浴びてメラニンが過剰に生成されてしまうと発生するということはご存じだと思います。そのため、紫外線を防ぐことができれば、シミは防げると思いがちですが、実際はそんなに甘くありません。


メラノサイトを刺激してメラニンの生成を促すものは紫外線(UVB)だけではないからです。


メラノサイトに対して、「メラニンを作れ!」と命令するメラノサイト刺激物質(情報伝達物質)はエンドリセン、プロスタグランジンなどいくつも存在し、それらを活性化させる原因すべてを防ぐことが「予防美白」の目標になります。


メラノサイト刺激物質を活性化してしまうもの

(1)紫外線(UVB)
(2)ブルーライト
(3)活性酸素
(4)動脈硬化
(5)自律神経の乱れ(ストレス・睡眠不足)
(6)女性ホルモンの乱れ
(7)皮膚への摩擦や刺激、大気汚染物質による炎症


というわけで、生きている以上はどうしてもメラノサイトが刺激されてメラニンが生成されている状況だといえます。ただ、やはり影響の大きさには違いがありますから、最も影響力のある紫外線については日焼け止めを使ってブロックすることは「予防美白」の基本になると思います。


活性酸素や炎症に関していえば意識しても予防しようがない部分があるので、これについてはこ美白化粧品を使って、「メラノサイトの活性を阻害し、メラニン生成を抑制する」ということが一番の対策になると思います。


最先端の美白研究の技術が凝縮された美白美容液が効果を発揮してくれるはずです。

還元美白~沈着したメラニンを還元するケア

今あるシミ(=沈着してしまったメラニン)には還元美白が効果的です。


「還元」ということからもわかるように「元に戻す、なかったことにする」のが目的ですから文字通り、シミを消したり、薄くしたい場合は、メラニンを還元する作用のある美白成分を使ってシミにアプローチする美白ケアを行います。


この『還元美白』をおこなう場合は、一般的な医薬部外品の美白化粧品ではなく、ハイドロキノンという成分を配合した美白美容液を使ってケアすることが普通です。


※ハイドロキノンについては「ハイドロキノンの効果と副作用について」で解説しています。


ハイドロキノンはその別名を「肌の漂白剤」とも言いますが、今あるシミに対する美白には高い効果が期待できます。シミの元になるメラニンの生成を抑制するだけでなく、メラニンを作る元に作用してシミを根本からブロックする事が出来るんですね。


「美白美容液の効果を実感がない!」と言っている人に限って、できてしまったシミに予防美白のための美白美容液を使っているケースがよくあります。解決したいシミの悩みに対して選ぶ美白美容液を間違えているわけですから効果がないのも当然です。


美白ケアには「予防美白・還元美白・排出美白」の3つがあることを知らない、無知がもたらすお金も時間も無駄にしてしまう一番避けたいパターンです。


「今あるシミ・炎症性色素沈着をなんとかしたい!」という人は、ハイドロキノンを使った美白ケア(=還元美白)に取り組みましょう。

排出美白~滞留したメラニンの排出を促すケア

加齢・ビタミンB不足・紫外線、睡眠不足、血行不良といった理由で肌のターンオーバーが低下していると、表皮に放出されて沈着してしまったメラニンが居座ったまま排出されない状態になるためシミになります。


そのため、ターンオーバーを促進して肌の生まれ変わりを促進し、沈着したメラニンを古い角質と一緒に排出してシミを追い出そうというのが『排出美白』になります。


排出美白のために使われる成分としては、美白有効成分のなかでは、4MSKやプラセンタエキス、エナジーシグナルAMPが該当しますし、他にもピーリング剤によく配合されているBHA(サリチル酸が有名)、AHA(リンゴ酸・クエン酸・グリコール酸など)、それからレチノール(ビタミンAの一種)があります


クリニックなど医療機関でのシミ治療では、レチノイン酸(トレチノイン)が排出美白用に処方されますが、これはレチノールを強力にしたものという理解でOKです。


(1)角質を剥がして、肌の新陳代謝を促進する
(2)細胞賦活作用により、肌の新陳代謝を促進する


成分によってメカニズムは異なりますが、肌の新陳代謝を活性化し、ターンオーバーを強制的に早める事ができるという点は同じです。ターンオーバーを促進することで、沈着したメラニンを排出することができるので、結果、シミ・くすみを消したり、薄くすることができるわけです。


角質肥厚による顔くすみならその日のうちに解消できますし、できたばかりの小さく薄いシミなら排出美白だけでもほとんど見えない程度にまですることも可能なんじゃないでしょうか。


ただし、角質を強引に剥がすピーリング系成分(BHA、AHAなど)は使い方(濃度・頻度)を間違えると肌に強い刺激を与えてしまう心配があるので注意が必要です。しっかり保湿することでもターンオーバーは促進できるので、肌が弱い人はそちらのほうがいいかもしれませんね。


排出美白は、予防美白や還元美白と組み合わせると相乗効果が期待できます。ただでさえ、ターンオーバーは年齢とともに遅れてくるため、肌の新陳代謝を高めて維持することは、シミやくすみに悩まないために必須のケアといえるかもしれません。

Let's!美白Lesson

美白美容液が1つあれば美白ケアはOK!
美白美容液だけでOK!
美白は美白美容液を1点加えるだけでOK!保湿と美白を両立させるポイント使いを伝授。
美白ケアを失敗しないための9つのチェック項目
美白ケア9つの注意点
美白効果を実感するための美白ケアの9つのチェックポイントを解説!必読です。
美白が効くシミ、効かないシミ
あなたのシミを診断!
シミにも種類があり、コスメによる美白ケアが効果的なものと効果のないものがあります。
美白美容液に配合されている有効成分を解説!
美白成分の働き
美白美容液に配合されている美白有効成分を調査。美白成分と肌との相性は大事です。

Seach!美白美容液

日焼けシミ
最もポピュラーなシミ。加齢とともにこめかみや頬などにでてくるシミはこれです。
肝斑
妊娠中・産後・更年期などホルモンバランスが影響する女性特有のシミです。
炎症性色素沈着
ニキビや肌荒れ、傷跡など炎症した肌にできる色素沈着。長く居座ることも多いです。
ニキビ跡を治す方法【赤み・色素沈着】
ニキビ跡を治す方法
なかなか消えない「赤い」「色素沈着」といったニキビ跡も美白美容液を使えばきれいに。
メラニンに対しては「予防・還元・排出」の3つのアプローチが可能です。美白美容液を選ぶときは、この3つのアプローチのうちどの作用があるものなのか?を確認してから選ぶようにしましょう。もちろん「予防・還元・排出」の3つを組み合わせることも可能です。