美白美容液超入門 >  美白美容液の選び方 >  日焼けによるシミ

日焼けによるシミ(老人性色素斑)

シミの原因NO.1!早めの対処が大事です。

日焼けによるシミ(老人性色素斑) 紫外線ダメージが蓄積して、コップの水が溢れるように、ある日突然ポツンとできるのがこの老人性色素斑です。私たちがシミと呼ぶのは基本的にこれです。
30代になって肌のターンオーバーが低下しだしたあたりからうっすらと頬骨の高いところなどにできはじめ、さらに肌から若さがなくなる40代になると一気に増えてきます。
できはじめは薄い茶色をしていますが、時間とともに黒く濃くハッキリしてくるのが特徴です。

日焼けによるシミ(老人性色素斑)の特徴!
10代、20代にかなり日焼けをしていた。 たまにUVケアをしないで外出する。 外で活動することが多い。
数㎜~数㎝の丸い形をしている。 頬骨の高いところにある。 20代後半から30代前半にかけてできた。

日焼けのシミを消すには?

一般的に「シミ」と言うと、たいていはこの「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」のことをいいます。過去にどれだけ紫外線(UV-B)を浴びてきたか?そのダメージの蓄積が発生要因として深く影響すると考えられています。


※「日光黒子(にっこうこくし)」「日光性黒子(にっこうせいこくし)」「日光性色素斑(にっこうせいしきそはん)」と呼ぶこともあります。


日本人の場合、20~30代から肌内部に隠れジミが増え始め、それがだいたい40歳前後になってから表面化するというのが平均です。


ただ、シミが表面化してくる時期というのは個人差があって、紫外線に対する防御力の低い色白の方や若いころに部活やアウトドアで野外で過ごすことが多く、たくさん日焼けしてきた人はもっと早く20代後半という若い時期から現れることも珍しくありません。


紫外線を浴びると肌を守るためにメラノサイトがメラニンを生成します。


皮膚の仕組みはうまくできていて、過剰なメラニンは肌のターンオーバーで不要な角質が剥がれ落ちるときに一緒に排出されます。しかし、あまりにメラニンの生成量が多かったり、皮膚の新陳代謝がうまく行われないと、そのままシミになって肌内部に残ってしまいます。


紫外線を浴びてからシミがでてくるまでにはタイムラグがあり、5~8月の強い紫外線を浴びたことがきっかけになって目に見えなかったものが濃くなった状態で、1~2ヵ月後の9~10月に出てくることが多いです。


夏本番よりも秋になってシミに気づくことが多いというのがポイントです。


9~10月になって気づく新しいシミは紫外線により一時的に隠れジミが濃くなった淡い色調の日光性色素班なので、この段階のシミ(老人性色素班の初期段階)であれば美白美容液を使ってケアすれば、かなりの改善が見込めます。


日焼けによるシミは紫外線を浴びることや時間とともに悪化するものです。しかし、秋になり紫外線が弱まったからといってUVケアや美白ケアを止めてしまったり、怠ってしまう人が多いんですね。


対応が遅れ、時間が経つほど、シミが居座り、濃く大きくなってしまう原因になりますから、新しいシミに気づいたらすぐに対応して、シミがある肌の状態のまま年を越さないように、秋冬こそしっかり美白ケアを頑張る必要があるということを覚えておいてください。


日焼けによるシミに対する対策のまとめ

(1) シミを作らせない予防が最優先!UVケアをサボらないこと!
(2) 紫外線を浴びてしまったら72時間以内に美白ケアしてメラニンを防ぐ(※1)
(3) 肌に残ったシミは薄く、小さいうちにハイドロキノンで漂白!
(4) 肌の新陳代謝を促すケアも有効
(5) 美白ケアで肌を触るときはやさしく!こすると刺激が色素沈着の原因に!
(6) ビタミンB群・C・Eを食べ物やサプリメントで補給!

※1 紫外線を浴びてからメラニンが作られるまでの72時間のタイムラグがあります。そのためこの間に美白化粧品でメラニン生成を抑制することでシミを防ぎます。

日焼けによるシミが加齢とともに消えにくくなる理由

日焼けによるシミの一番の疑問は、若いころは真っ黒に日焼けしても紫外線を浴びなければ時間とともに焼けた肌(=メラニン色素)はきれいに剥がれて元の肌に戻ったのに、年齢を重ねるにつれてシミとして沈着してしまうのはなぜ?ということだと思います。


※シミができる詳しいメカニズムについては、シミの原因は?~メラニン生成のメカニズムを参照のこと


シミが沈着してしまって消えない理由は諸説あるわけですが、


シミができる肌は、UVBを浴び続けたことで肌細胞のDNAが損傷してしまっており、エラーを起こすようになる。エラーを起こすようになった細胞は紫外線を浴びなくても、暴走するようにメラニンをつくり続けてしまう


というのが今主流になっている考えだと思います。基本的に美白ケアしても消えないシミは以上のような状態になっている可能性が高いと思います。(顔だけでなく、肩や背中にできたシミも同様です。)


また、資生堂によると、


『シミが消えない肌は、メラニンが増えると、メラニンをたくさんつくれと命令する細胞が増加し、メラノサイトが過剰にメラニンをつくり始めて、シミが成長し、さらにメラニンが増えるという黒化スパイラル状態にある。』


という研究報告をしているぐらいなので、やはり肌細胞がDNA異常を起こしていることが新陳代謝で消えないシミの正体と考えるべきでしょうね。高齢者の方のなかには顔のシミが悪化して、皮膚の構造が変化して盛り上がっている方も見かけますが、これもDNA異常と考えると納得がいきます。


繰り返しになりますが、シミ対策は作らせないことが第一。できてしまったら淡く薄い状態のうちにハイドロキノンで漂白してしまうというのが、将来、後悔しないために私たちができることだということです。

日焼けによるシミ(老人性色素斑)に効果のある美白美容液<Best3>

ハイドロキノン美白美容液で集中ケアが効果的!
ハイドロキノン美白美容液で集中ケア 日焼けによるシミは予防が第一ですが、できてしまってもごく初期のうっすらしたものであれば消せます。多少濃くなってもハイドロキノン配合の美白美容液で集中ケアすれば薄くなる可能性大!悪化すると美白が効かなくなるので、シミの存在に気付いたらすぐにハイドロキノンで集中ケアするのがベストな対処策です。
アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
価格:1,890円 送料無料
「新安定型ハイドロキノン」を高濃度配合したできてしまったシミ用のスポットケア専用の夜用集中美容液です。
アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
オバジHQ ブライトニングナイトセラム
価格:9,720円 送料無料
超安定・高密着のハイドロキノン配合のスポッツケア専用の夜用集中美容液です。
オバジHQ ブライトニングナイトセラム
エピステーム HQブライトコンセントレイトa
価格:14,040円 送料無料
製薬会社の技術力を生かした安定性と使用感にこだわって開発されたハイドロキノン配合の夜用集中美白美容液です。
エピステーム HQブライトコンセントレイトa

日焼けによるシミに効く『新安定型ハイドロキノン』

日焼けによるシミは「薄い茶色」「表面にザラツキがない」「今シーズン出現」という状態のときに早めに対処することがとにかく大切。適切なケアをせず、何年も経って表面がザラザラしてきたり、隆起してきてしまうと、レーザー治療するほか手段がなくなってしまいます。

アンプルールの美白美容液がおすすめな理由
アンプルールの美白美容液がおすすめ

できてしまったシミにはやはりハイドロキノンが一番効果あり。ハイドロキノン配合の美白美容液のなかではマイクロカプセル処方で効果と低刺激を実現させたアンプルールのコンセントレートHQ110が一番安心して使えると思います。


さらに特筆すべきはアンプルールにはトライアルセットがあるということ。美白成分との相性、肌との相性を考えると、いきなり本品を買うより、トライアルセットで試してからのほうが安心ですよね。

Let's!美白Lesson

美白美容液が1つあれば美白ケアはOK!
美白美容液だけでOK!
美白は美白美容液を1点加えるだけでOK!保湿と美白を両立させるポイント使いを伝授。
美白ケアを失敗しないための9つのチェック項目
美白ケア9つの注意点
美白効果を実感するための美白ケアの9つのチェックポイントを解説!必読です。
美白が効くシミ、効かないシミ
あなたのシミを診断!
シミにも種類があり、コスメによる美白ケアが効果的なものと効果のないものがあります。
美白美容液に配合されている有効成分を解説!
美白成分の働き
美白美容液に配合されている美白有効成分を調査。美白成分と肌との相性は大事です。

Seach!美白美容液

日焼けシミ
最もポピュラーなシミ。加齢とともにこめかみや頬などにでてくるシミはこれです。
肝斑
妊娠中・産後・更年期などホルモンバランスが影響する女性特有のシミです。
炎症性色素沈着
ニキビや肌荒れ、傷跡など炎症した肌にできる色素沈着。長く居座ることも多いです。
ニキビ跡を治す方法【赤み・色素沈着】
ニキビ跡を治す方法
なかなか消えない「赤い」「色素沈着」といったニキビ跡も美白美容液を使えばきれいに。
紫外線(=日焼け)によるシミのことを老人性色素斑といいます。このタイプのシミは年々濃く大きくなるので、できはじめのうちにメラニンを還元する美白成分でケアするのが効き目あり。表面がザラザラしていなければ、美白美容液で対処できます。