美白美容液超入門 >  > 美肌効果抜群!ビタミンC美容液の選び方のコツ

美肌効果抜群!ビタミンC美容液の選び方のコツ

ピュアビタミン配合のほうが美白効果は高い!

ビタミンC美容液の選び方のコツ

美肌成分としても美白成分としても活躍してくれるのがビタミンC。最近は、誘導体ではなくビタミンCをそのまま配合した美容液も珍しくなくなりました。


ビタミンC誘導体とピュアビタミンCを比べると、ピュアビタミンCのほうがシミや色素沈着の原因となる活性酸素の除去効果が高く、即効性に優れるという特徴があります。


また、ビタミンCは美白だけでなく、ニキビ・ニキビ跡ケアをはじめ、毛穴の引き締め、たるみやハリ・弾力など肌老化(エイジングサイン)を改善してくれる成分でもあるので、美白+アンチエイジング目的に1本、ビタミンC美容液を持っておくのは悪くないと思いますよ。

ビタミンC美容液は、この3つに注目して選ぶ!

ピュアビタミン(アスコルビン酸)配合のほうが美白効果&即効性あり!
濃度が高いものは刺激が強いので肌が弱い人は注意!
肌の奥まで届けられる浸透技術の有無が最重要!

美白×アンチエイジングにも効果大!ビタミンC美容液ランキング

ビーグレン(b.glen) Cセラム
お試し:1,944円 送料無料
7.5%の高濃度ピュアビタミンCを浸透テクノロジーQuSomeで肌の奥までしっかり届けてくれるため効果の即効性と実感力が桁違い!
ビーグレン(b.glen) Cセラム
オバジC20
価格:8,640円 送料無料
ビタミンC美容液の定番中の定番。20%という高濃度ピュアビタミンCを高浸透処方で配合。刺激がやや強いので注意。
オバジC20
トランスダーマC
価格:21,600円 送料無料
芸能人愛用者も多いといわれるスウェーデン生まれのビタミンC美容液。ピュアビタミンC配合でニキビ跡や毛穴が目立つ肌には効果抜群。
トランスダーマC

ビタミンC誘導体とピュアビタミンCの違い

ビタミンC誘導体は壊れやすいビタミンCを安定させ、皮膚に浸透しやすい形にしたものです。


ビタミンC誘導体は、ピュアビタミンCと比べて、成分的に安定しており、肌に浸透しやすいメリットがありますが、ビタミンCをそのまま配合したものに比べて、皮膚内で酵素によってビタミン誘導体からビタミンCに変換される必要があるので、その分効き目が遅いという特徴があります。


一方のピュアビタミンCですが、最近は処方技術の進歩により、ピュアビタミンCも皮膚になじみやすい成分と組み合わせることで浸透力を高めたり、カプセルにすることで成分を安定化することが可能になっています。


そのため、ビタミン誘導体ではなく、ピュアビタミンCの形で化粧水や美容液に配合されているケースも珍しいことではなくなってきているのが現状です。


むしろ、ピュアビタミンCのまま配合してある美容液のほうがビタミンCを高濃度で含有できますし、美容液に搭載されている技術が高いという証拠にもなるので、効果のあるビタミンC美容液を選ぶときの指標になるといってもいいと思います。


ビタミンC含有率を比較すると....

「ビタミンC誘導体3%=ピュアビタミンC3%」ではありません。ビタミンC誘導体の濃度をビタミンCに換算して濃度を計り直すと3%に満たない濃度になるのが普通です。


化粧品表示名称 ビタミンC含有率(%)
アスコルビン酸(ピュアビタミンC) 100%
APS(アスコルビン酸リン酸ナトリウム) 54.7%
APM(アスコルビン酸リン酸マグネシウム) 60.8%
VC-IP(イソパルミチン酸型ビタミンC誘導体) 15.6%
APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na) 31.4%


コスメに配合されるビタミンCの種類

要チェック 両親媒性ビタミンC誘導体

⇒水溶性のリン酸型ビタミンC誘導体の浸透性を高めるために脂質のパルミチン酸を結合させたもので水溶性と油溶性の両方の性質をもっています。進化型ビタミンC誘導体(浸透型ビタミンC)とも呼ばれ、ビタミンC誘導体のなかではこのタイプのものが最も効果が高く、浸透力も優れています。

表示名称:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)

要チェック 油溶性ビタミンC誘導体

⇒ピュアビタミンCと皮脂に馴染みやすい脂肪酸(ヘキシルデカン酸など)を結合させたビタミンC誘導体。肌の酵素と触れることで分子の結合が切れ、ビタミンCとして働きます。ジェルやクリームなど油分の多いアイテムに配合されており、低刺激で使用感がいいのが特徴。水溶性ビタミンC誘導体に比べて4~5倍吸収率が高いとされています。

表示名称:テトラへキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)、ステアリン酸アスコビル、ジパルミチン酸アスコルビン

要チェック 水溶性ビタミンC誘導体

⇒不安定なビタミンCをリン酸や糖と結合させて安定性吸収を高めたビタミンC誘導体。肌の酵素と触れることで分子の結合が切れ、ビタミンCとして働きます。即効性・浸透性・持続性の3拍子揃ったアスコルビルエチル(3-0-エチルアスコルビン酸)や効果がイマイチなアルコルビン酸グルコシドなど種類によって効果や浸透力に大きな差があります。熱や酸化に強いのが特徴です。

表示名称:アスコルビン酸グルコシド(※)、リン酸アスコルビルMg、アスコルビルリン酸Na、アスコルビルエチル(3-0-エチルアスコルビン酸)、アスコルビン酸硫酸2Na

要チェック ピュアビタミンC

⇒純粋ビタミンCや水溶性ビタミンC(=アスコルビン酸)のこと。肌に塗布するとすぐに効果を発揮する即効性が魅力ですが、、安定性に欠け、酸化しやすいためコスメに配合するには高い技術が必要になります。100均などの激安コスメにはまず配合されていません。

表示名称:アスコルビン酸

※水溶性ビタミンC誘導体にはリン酸型、硫酸型、グルコシド型の3つがありますが、グルコシド型は作用が弱く、効果が期待できないといわれています。成分表示に「アスコルビン酸グルコシド(L-アスコルビン酸 2-グルコシド)」とあるものは選ばないほうがよさそうです。


そもそもビタミンCをそのままの形で配合できる技術がなかったため誘導体という形にして配合してきた経緯があるわけなので、ピュアビタミンCのまま配合できるのならそれに越したことはありません。


効果や即効性に優れたピュアビタミンCが配合されているかどうかをチェックして、あとはそのピュアビタミンCを肌の奥まで浸透させられる浸透技術があるかどうかがビタミンC美容液を選ぶ決め手になるはずです。

ビーグレン(b.glen) Cセラムはグングン浸透する!

ビーグレン(b.glen) Cセラムはグングン浸透する!

ピュアビタミンCを配合しているビタミンC美容液が珍しくなくなった今、コスメの優劣をつけるのはズバリ浸透技術。肌に浸透しにくいといわれるビタミンCをしっかり肌の奥まで届けられるか否か?が肝心になります。


となると、デリバリー技術に定評があるビーグレン(b.glen) Cセラムが一番。ランキングの3つの商品の中で唯一、特許取得済の浸透技術があるのがビーグレン(b.glen)だからというのがその理由です。


また、返金保証付きのトライアルセットがあって手軽に試せるというのも高評価の理由です。摩擦やニキビなど炎症による色素沈着であれば、トライアルセットを使っただけでも目に見える形で違いを実感できるんじゃないかと思います。


ビタミンCの効果と副作用について

ビタミンCが美肌にいい!というのは有名ですよね。


メラニンを抑制・還元する美白効果や抗酸化作用はよく知られていますが、肌にハリを与えるコラーゲン線維を増やしてシワ・たるみを予防したり、毛穴の引き締めや皮脂分泌を抑制してニキビを防ぐなど、本当にたくさんの美容効果があります。


メラニン色素を抑制&還元する作用がある。

ビタミンCにはチロシナーゼ酵素を阻害してメラニン生成を抑制する作用と、表皮に放出されて沈着してしまったメラニンを還元して色を薄くする作用があります。シミ・くすみを防いで肌の透明感や白さを引き出すケアはもちろん、できてしまったシミのケアにも重宝します。

コラーゲンの合成を促進する作用がある。

真皮層では繊維芽細胞が古いコラーゲンを分解し、新しいコラーゲンを作る「コラーゲン代謝」を行っていますが、そのコラーゲン代謝にはコラーゲンの材料となるアミノ酸だけでなくビタミンCと鉄が必要になります。コラーゲン代謝の乱れは肌のハリ・弾力不足につながるのでアンチエイジングにビタミンCは非常に重要な役割を果たしているということです。

活性酸素を除去する作用がある。

紫外線とならびシミやシワ・たるみ、ニキビの炎症などあらゆる肌トラブルに関わっている活性酸素を除去する作用=抗酸化作用がビタミンCにはあります。酸化したビタミンEを還元する作用もあるためビタミンEがあるとより強力に抗酸化力を発揮してくれます。

皮脂の過剰分泌を抑制する作用がある。

過剰な皮脂は肌の常在菌のバランスを崩してしまったり、酸化して過酸化脂質などの刺激物質になります。そんな皮脂を分泌する皮脂腺の働きを抑制する作用がビタミンCに確認されているので、脂っぽさを改善し、キメを整えて肌をなめらかにする効果が期待できます。

毛穴引き締め作用がある。

ビタミンCに毛穴を引き締める直接的な収れん作用があるというよりは、皮脂の分泌を抑制したり、コラーゲンを合成する作用などが相まった結果、毛穴も引き締めるという感じです。

免疫力を高める。

経口摂取によるビタミンCの効果として有名ですが、身体だけでなく肌の免疫力も高めてくれます。紫外線ダメージなどを防ぐ効果があるので日焼け止めと一緒にビタミンCコスメでケアしておくと肌へのダメージを軽減できます。

炎症を抑える。

直接的な抗炎症作用があるというよりは、炎症を引き起こし、悪化させもする活性酸素を抑制する作用があるため結果的に炎症を抑制してくれる効果があります。抗ヒスタミン作用もあるので、ニキビや肌荒れなど炎症を起こした肌のかゆみを鎮め効果も。炎症が痕になるのも防いでくれます。


ビタミンC(誘導体含む)の欠点や副作用として覚えておきたいのは、唯一、肌の乾燥には効果がないことです。効果がないばかりではなく、肌を乾燥させてしまい、つっぱり感の原因になるので、ビタミンC配合の美容液を使った後はしっかり保湿しなければいけません。


※ ビタミンC誘導体は、「水溶性>両親媒性>油溶性」の順番で乾燥しやすいです。


また、高濃度であるほど、美白効果が高くなりますが、ピリピリとした刺激を感じやすくなるということも覚えておいたほうがいいです。


医薬部外品の場合、ビタミンCの濃度の上限は3%ですが、化粧品の場合は配合量に決まりはありません。理論上は濃度が高いほど効果も高くなるので、5%以上の濃度で配合されている美容液も珍しくなく、オバジCなどは20%という高濃度をウリにしているぐらいです。


しかし、お伝えしたように高濃度であるほど、感触として「ベタつき」が強くなり、「乾燥」「ピリピリした刺激」が目立つようになります。一概に何%以上から乾燥や刺激が気になるようになるとは個人差もあるのでいえませんが、5%を超えるものからは注意したほうがいいと思います。


また、決して少なくない数の人がビタミンCには光毒性があって、ビタミンCを配合した化粧品を朝使ってしまうと、紫外線の影響を強く受けてしまい、シミや色素沈着の原因になると信じているようなんですが、これは間違いです。


紫外線の光感受性を高めるのは、「ソラレン」という物質であってビタミンCではありません。ビタミンCが豊富なレモンや柑橘類にはソラレンが含有されているわけですが、それがいつのまにか「ビタミンC=光毒性」と話がすり替わってしまってしまったんですね。


※フルーツや野菜からビタミンCを摂取しようとすると前述した「ソラレン」も一緒に摂取してしまうので、レモン・グレープフルーツなど柑橘類、セロリやパセリなどセリ科の野菜に要注意。イチゴがビタミンCの量も多くソラレンが少ないのでおすすめです。


Yahoo!知恵袋に「ピュアビタミンCには光毒性があり、ビタミンC誘導体なら大丈夫!」という内容のQAがあったんですが、大嘘・大間違いなのはいうまでもありません。


ビタミンC美容液を朝に使っても全く問題ないので安心してくださいね。


なお、血中のビタミンC濃度を高めておくと紫外線を浴びることで皮膚内に発生する活性酸素を抑制できるともいわれているので、美容液で肌にビタミンCを塗るだけでなく、口から摂取するビタミンCも余裕があれば意識して摂取しておくといいのは確かです。


※厚労省が健康維持のために推奨しているビタミンCは1日100mgですが、美白目的の場合は2,000㎎以上(食後に3回に分けて飲むと吸収率が高まる)です。

Let's!美白Lesson

美白美容液が1つあれば美白ケアはOK!
美白美容液だけでOK!
美白は美白美容液を1点加えるだけでOK!保湿と美白を両立させるポイント使いを伝授。
美白ケアを失敗しないための9つのチェック項目
美白ケア9つの注意点
美白効果を実感するための美白ケアの9つのチェックポイントを解説!必読です。
美白が効くシミ、効かないシミ
あなたのシミを診断!
シミにも種類があり、コスメによる美白ケアが効果的なものと効果のないものがあります。
美白美容液に配合されている有効成分を解説!
美白成分の働き
美白美容液に配合されている美白有効成分を調査。美白成分と肌との相性は大事です。

Seach!美白美容液

日焼けシミ
最もポピュラーなシミ。加齢とともにこめかみや頬などにでてくるシミはこれです。
肝斑
妊娠中・産後・更年期などホルモンバランスが影響する女性特有のシミです。
炎症性色素沈着
ニキビや肌荒れ、傷跡など炎症した肌にできる色素沈着。長く居座ることも多いです。
ニキビ跡を治す方法【赤み・色素沈着】
ニキビ跡を治す方法
なかなか消えない「赤い」「色素沈着」といったニキビ跡も美白美容液を使えばきれいに。
美白はもちろん美肌成分としてマルチな効果を発揮するのがビタミンC。ビタミンC誘導体ではなくビタミンCをそのまま配合したピュアビタミンC美容液のほうが効果と即効性にすぐれています。おすすめのビタミンC美容液<Best3>をランキングで紹介します。